NHK杯国際フィギュアスケート競技大会を見てきました。

少し前になってしまうのですが,11月24日・25日とフィギュアスケート,グランプリ・シリーズの最終戦,NHK杯を観戦してきました。
宮城セキスイハイムスーパーアリーナで開催された大会には,浅田真央選手・高橋大輔選手を初め,地元仙台出身の羽生結弦選手,鈴木明子選手など日本のトップスケーターが勢揃いでした。

1日目の男女のショートプログラムはテレビで観戦し,2日目,朝早めの東北新幹線で会場に向かいました。
今年もまとまった夏休みがとれず,週末もなんだかんだで休めない日が続いていたので,2日続けての休みらしい休み,しかも8月にアイス・ショーを見て以来,ぜひ見たかったフィギュアの競技を見られるということで,かなり楽しみに出かけました。

2日目午後一は,ペアのショートプログラム。これに続いてアイスダンスのフリーが行われました。
正直なところ,男女シングルのフリープログラムを楽しみに出かけ,せっかく見られるのだから他の競技も楽しもう,くらいの気持ちだったのですが,予想外にアイスダンスのチャンピオンカップルの演技に感動してしまいました。
アメリカのメリル・デービス/チャーリー・ホワイト組。世界選手権二連覇中のカップルなのですが,圧巻のスケーティングに鳥肌が立ってしまいました。
アイスダンスもリフトがあるのですが,すさまじいスピードで複雑で華麗なリフトを決めるのです。
前半グループ後の,後半グループ5分間練習の時にもこのリフトをしていたのですが,練習でも歓声が上がるレベルでした。もちろん本番の音楽にのっての演技はさらに素晴らしいものでした。
大会が終わってみると,この2人の演技に1番感動したかも・・・と思えるほどでした。

続いての男子フリープログラムでは,高橋大輔選手の音楽性の高い演技に会場はスタンディング・オベーションでした。
他の選手も,もちろん音楽にあった美しいスケーティングだなぁと思うのですが,音楽との一体感という意味では,高橋選手が格段に素晴らしく映るのです。
あと,女性ファンからの人気もすさまじかったです(笑)リンクに降り注ぐ花束の数はダントツ1位でした。
優勝した羽生結弦選手は,後半スタミナ切れで苦しそうでしたが,決まった4回転は圧巻でした。
フリーもさることながら,3日目のエキシビジョンでの演技が素晴らしく,技術的には素人目に見てもわかる精度の高いスケートだったように思います。
ただ,ライブで見ると本当に華奢で,折れないか心配になりましたが・・・。

女子フリープログラムは,何と言っても鈴木明子選手のほぼパーフェクトな演技に目を見張りました。
ジャンプはことごとく決まり,スピードもあり,一瞬も飽きることなく最後まで見てしまった,という感じでした。
ショートプログラム1位の浅田選手を抜くか?!と思ったのですが,コンマ差で惜しくも総合2位でしたね。選手がキス&クライで得点を待つ間,こちらもドキドキしていました。

3日目のエキシビジョンでは,各選手晴れやかなナンバーを披露しており,とても楽しい時間を過ごすことができました。
浅田選手の可憐なメリー・ポピンズが本当によく似合っていました。
また,途中,地元仙台のジュニアスケーターによる,被災地への支援に感謝を込めてのプログラムが披露されました。
多彩なライトワークで,リンクに幻想的な空間が演出される中でのジュニアのスケーター達の力強い滑りに,震災からどのような時間を過ごしてきたのかと,胸が熱くなってしまいました。
このような大会をとおして,トップスケーターの演技に触れることが,きっととてもよい経験になるのでしょうね。

写真は,会場に飾られていた,支援ありがとうコラージュです。


NHK杯2012.jpg




今日から,いよいよグランプリ・ファイナルが開幕ですね。男子は6人中実に4人が日本人という大会です。活躍に期待ですね。

投稿者:圭


家事事件手続法についての研修を受けてきました(1)

来年1月から,遺産分割調停や離婚調停などの家事事件についての新しい手続を定める「家事事件手続法」 が施行されます。

先日,この施行に併せて,東京家庭裁判所の裁判官を講師に招いての,東京三弁護士会主催の研修会「家事事件手続法の制定を契機とした家事事件手続の在り方」が開催されました。
公園通り法律事務所でも,家事事件のご依頼を多くいただくため,参加して勉強してきました。
研修会では,家事事件手続法の施行に併せて,裁判所の調停・審判についての運用がどのように変わるのかという点について,詳しい説明がありました。これまでの手続とは「かなり変わるな。」という印象です。
調停の代理人をお引き受けするにあたり,ご依頼者を不安にさせることのないよう,しっかりと新しい手続を把握するよい機会になりました。

特に従来の手続と変わり,意識しておかなければならないと感じたのは以下の点です。

1 申立書等各書式が一新される

  これまでは,申立書は比較的自由なスタイルで出すこともできましたが,来年1月以降はすべて新しい書式を使用しなければなりません。
  東京家庭裁判所では,今年の10月から試行期間として,新しい書式の利用が始まっているとのことです。
  →東京家庭裁判所で使用する書式はこちら
  ※申立書の申立人欄には代理人記載欄がないので「申立人手続代理人等目録」に,送達場所は「連絡先等の届出書」に記載しなければなりません。
   書式がかなり増えているので要チェックです。

2 申立書のコピーが原則として相手方にも送付される(家事事件手続法256条)

  この規定は家事事件手続法により新設されたものです。従来,申立書は原則として裁判所のみに提出していましたが,これからは原則として相手方に送付されることになるため注意が必要です。
  これまでは,手続の初めの段階から調停委員にこちらの主張について理解を深めてもらえるよう,ご依頼者から伺った経緯や事件のポイントなどをかなり詳しく申立書に記載していました。
  申立書が相手方に送付されるとなると,離婚事件の場合など,こちらの主張が相手方を刺激して話し合いを難しくしてしまう危険性もあるため,詳細な記載は控えた方がよいという場合もあります(新しい書式も最低限の内容のみを記載する簡素な形式になっています。)。
  代理人としては,手続の初めの段階で調停委員に事件をしっかりと把握してもらう機会がなくなるのかと懸念したのですが,裁判官からの説明では主張は別途「主張書面」に記載して積極的に提出して欲しいとのことでした。
  「主張書面」はこれまでの調停手続でも活用していましたが,これからは,申立段階から,詳しい主張については「主張書面」記載して提出すればよいことになります。
  「主張書面」は離婚調停や一般調停では,希望した場合のみ相手方に交付されることになるため,相手方に直接見られたくない主張も記載することができます(ただし,閲覧謄写との関係では要注意です※1。また,婚姻費用・養育費・遺産分割などのいわゆる経済事件・合意に相当する審判の場合には,裁判官の判断によって相手方に交付される場合があるそうです。)。

3 双方当事者本人立ち会いのもとでの手続説明が行われる

  調停は,基本的に申立人と相手方とが交互に入室して調停委員と協議する形で進められています。調停成立時や,進行の中で当事者を同席させた方がよい場合など,双方当事者が同席する場面もありますが,ほぼ顔を合わせずに調停委員を挟んで協議することになります。
  家事事件手続法の施行後もこのスタイルに変更はないのですが,東京家庭裁判所では新たに,毎回の調停の初めに当事者本人が同時に入室し,調停の手続やその日の進行についての説明を受ける手続が始まります(代理人がついている場合にも,本人の同席を求めるそうです。)。
  この手続説明の場面,毎回当事者双方が顔を合わせることになるので,従来の手続とはかなり変わる印象です。
  この手続の趣旨は,当事者双方に相手がいる話し合いであることを意識してもらうこと,裁判所が中立・公平な立場で調停を進めていることを理解してもらうこと,当事者どうしで情報を共有すること等にあるそうです。
  配偶者のDVやモラルハラスメントが原因で離婚を求める場合など,調停の席でも相手と顔を合わせることが精神的に大きな負担となることがあります。このような場合には,事前に「進行に関する照会回答書」に事情を記載して,手続説明であっても同席は拒否する旨伝えておかなければなりません。
  試行期間中は,同席に問題のない事案で実施されているとのことですが,代理人としては,ご依頼者の精神的な安定や安全の点から相手方と顔を合わせることを避けた方がよいケースでは,裁判所に積極的に事情を伝え適切な対応を求める必要があるな感じました。

この他にも,訴訟と同じように,提出資料に号証番号を付し,資料説明書(訴訟の証拠説明書と同じ書式でよいそうです。)をつけることが求められるようになる等,かなり訴訟に近い運用がなされることになるようです。
また,調停等の記録の閲覧謄写(家事事件手続法254条1項,6項)に関する規定・運用も大きく変わり,調停における資料提出段階で「非開示の希望に関する申出書」を添付しなければ,審判段階で,当事者の請求によりほとんどの提出書類について閲覧・謄写が許可されることになります(※1)。この点については,整理して投稿したいと思います。

今後ご依頼をいただく家事事件にあたっては,家事事件手続法の規定と新しい運用を押さえた上,しっかりと対応させていただきたいと思います。
改めて,仕事をしていく上で適切な情報更新・勉強を続けていく必要性を強く感じました。
これからも研修など,積極的に参加していこうと思います。


投稿者:圭


公園通り法律事務所の所内をご紹介します。

今日は,公園通り法律事務所の所内をご紹介します。

ご相談者の皆様から「最初相談に来る時は,どんな所か不安があった。」というお声も聞こえてきます。
ご相談を考えられる際に,イメージを持っていただければと思います。

こちらが第一応接室です。
奥の壁に飾っている拓本は,幸弁護士が遺跡の保存・修復に関わったカンボジア・アンコールワット第一回廊の壁画の物です。



第一応接室.JPG



こちらは,第一応接室の手前,入り口寄りにある第二応接室です。
第一応接よりこじんまりしたスペースになっています。
壁の絵は,クレール・アステックスのリトグラフです。


第二応接室.JPG



落ち着いてご相談いただける環境作りを心がけておりますので,どうぞ安心しておいでください。





武蔵野商工会議所「街頭無料相談会」無事におわりました。

一昨日の土曜日に開催した武蔵野商工会議所「街頭無料相談会」無事終えることができました。
当事務所からは,午前中私と櫻町弁護士が法律相談を担当させていただき,私は午後も引続きご相談を受けてきました。
法律相談は商工会館内で行ったのですが,他士業への相談は東急吉祥寺店西側広場での開催だったため,若干寒いのではないかと心配しましたが,外でのご相談も盛況だったようです。

午前・午後あわせて,全体で50件を超えるご相談があり,法律相談は20件余りでした。
法律相談は比較的余裕があり,目安30分のところ1時間程度伺うことができたため,ご回答いただいたアンケートの満足度も高かったようです。
この機会を利用して,お悩みを解決できた方がおられればとても嬉しいです。

今年も,途中で税理士の先生に確認したい問題が出てきたので,すぐにご連絡し対応していただきました。
ワンストップサービスのよさを生かせたのではないかと思います。
アンケートの中には年2回開催して欲しいとの声もあったそうです。

相談会終了後は,相談員として参加した各士業で打上げをしました。
普段からお世話になっている商工会議所サービス業部会の皆さまに加え,この相談会から始めて参加された他士業の皆さまとも,楽しく夕食をご一緒できました。

来年も,ぜひ続けたい企画です。

投稿者:圭

武蔵野商工会議所「街頭無料相談会」明日開催です!

先日もお知らせした武蔵野商工会議所「街頭無料相談会」いよいよ明日開催となりました!
詳細はこちら。開催場所は東急百貨店吉祥寺店の西側広場となっていますが,弁護士への法律相談は商工会館の会議室にご案内してお受けします。

お近くの皆様,無料で各専門家の相談が受けられるよい機会ですので,どうぞお気軽においでください。
個人の方,企業の方,いずれもご相談いただけます。
当事務所の弁護士も,商工会館にてご相談をお待ちしております。



吉祥寺「まめ蔵」さんのカレー

武蔵野文庫」,「くぐつ草」に続き,吉祥寺三大カレー(と勝手に思っているカレー屋さん),3番目のご紹介です。
昭和通りと中道通の間(昭和通りから行くと藤村女子の手前を左折)にある「まめ蔵」さんです。
先週もランチに行ってきました。

 
まめ蔵(外観).jpg


こちらは,メニューも多く,お店の名前にもある「まめまめカレー」が看板のようです。
らっきょうと福神漬けもたっぷりついて,満足のボリュームです。
今回は,秋なので「きのこカレー」にしてみました。



まめ蔵(カレー).jpg


三大カレー他の2店と比べると辛さがマイルドです。
所長は,この日のビーフカレーが、結構お気に入りだったようです。

投稿者:圭


陸前高田仮設住宅訪問(2012年10月19日〜21日)

10月19日から21日にかけて,陸前高田の仮設住宅での住宅再建のための勉強会(法律紙芝居を使っての広報活動)兼法律相談会に行ってきました。
1月・5月に続き,3回目の訪問となりました。

東京駅から新幹線で一ノ関まで行き,大船渡線に乗換えて気仙沼まで。
大船渡線はちょうど帰宅時間で,地元の中学生でいっぱいでした。
試験が近いのか,ボックスの4人席にかけていた生徒さんは,膝に英語のテキストを広げ,曇った窓ガラスを黒板代わりにして,一生懸命勉強していました。

気仙沼着20:29。いつもアレンジをして下さっている日本難民支援協会のスタッフの方が向かえに来てくださっていました。
夕飯は,陸前高田未来商店街の「Bricks.808」でいただきました。トリッパと豆のトマト煮。



未来商店街(トリッパ).jpg


宿泊は1月・3月に引続き,ボランティアの宿泊施設としてお寺を提供してくださっている光照寺さんに今回もお世話になりました。素敵な住職がおられます。

1日目午前中は,竹駒小仮設へ。
勉強会を始める前に,戸別にお宅を訪問して声かけをするのですが,うち一戸におられたご高齢の方から,集会所まで行くのが大変だが相談したいことがあるとのお話しがあったので,お宅にお邪魔してご相談を伺ってきました。

午後は,滝の里工業団地。
外で遊んでいる子供達を多く見かけました。勉強会にも首がすわる前の赤ちゃんを連れているお母さんがおられ,同じ仮設の他の参加者の方々が代わる代わる赤ちゃんを抱っこしていました。
5月に訪れた時にも,1月と比べると生活に向けての具体的な相談が増えたという印象でしたが,住宅再建についてさらに関心が高まっていました。もらえる支援金,利用できる低金利の借入についてなど,熱心に確認する方もおられました。
一方で,区画整理や高台移転などまだまだ思うようには進んでいない面もあり,もどかしい想いを抱えておられる方も多いようでした。

夜は,美味しいお刺身をいただきました。

2日目午前,長部小仮設で活動し,気仙沼から行きと同じルートで東京に戻りました。


今回は,今年初めに陸前高田の公設事務所に赴任した司法修習同期・同クラスの弁護士と一緒に仮設住宅を訪問し,活動を手伝うことができました。
これまでの訪問でも使っていた「住宅の再建のために」の紙芝居をベースに,支援金制度の最新情報や「被災ローン減免制度」についての説明をバージョンアップさせたもので同期の弁護士がレクチャーをし,その後個別に相談をお受けするというスタイルで活動しました。
同期の弁護士がいろいろ工夫していて,「被災ローン減免制度」の説明部分を,コップの絵を使ってわかりやすく説明する内容に更新されていました。
紙芝居を使って説明する時,同期の口からは,地元の地名や,被災された方々からの日々の相談を踏まえてのアドバイスが自然に出てきます。
被災地で,被災された方々に寄り添って仕事をしているんだなと,改めて尊敬の気持ちを強くしました。
2日間とも,岩手の弁護士のみなさんも2名ずつ来ておられました。
これからもできる限りの応援をしていきたいです。

写真は気仙沼です。ちょうど漁船が2艘動いていました。



気仙沼2012.10.jpg

投稿者:圭


公園通り商店会,掃除の日でした。所長,行ってきました。

今朝は,月に2回の公園通り商店会掃除の日でした。
商店会のメンバーが東急前に集合し,駅のガード下から五日市街道までの通りを掃除します。

今日は所長が行ってきました。
商店会で作っているベスト。事務所の名前と同じなので事務所のベストのようです。
長袖もあります。


公園通り商店会掃除.jpg


これから落ち葉の季節で掃除も大変になりますが,訪れていただく方に気持ちの良い通りになるよう,商店会のみなさんと掃除に励みたいと思います。
最近2回連続で所長が行っているので,次回は私が。

投稿者:圭

見ました,錦織圭君快勝の楽天オープンテニス準決勝!

先週土曜日,久しぶりに有明コロシアムに行ってきました。

楽天ジャパンオープンテニス,準決勝を見に!


お目当ては,オリンピックに続いて全米オープンで優勝し,ついにグランド・スラマーになったアンディ・マレーと,もちろん,錦織圭君。


第1試合の,マレーVSミロシュ・ラオニッチ戦は,21才・196僂猟洪肇薀ニッチが,時速200卍兇涼憧櫂機璽屬伐夢困砲い匹爛優奪肇廛譟爾如ぅ泪譟爾鯔殤するシーンが続きました。マレーは,試合開始前に腰に手を当てたりしていて,調子が悪いのかなと思いました。でも,レシーヴ巧者のマレーが,次第に,「う,すごい・・・」という渋いショットで反撃,1セットオールの後,3セット目はマレー優勢。世界ランキング上位は,こうして,結局は勝つのか・・・と思っていたら,タイブレークで,何とラオニッチが競り勝ってしまいました!


ラオニッチは,ラリーになると,ストロークをバシャッとネットします。フラット気味の強打に粗さがあるのですが,サーブやネットプレーで得点を重ね,若くてパワフルなテニスに迷いはなく,すがすがしい勝利でした。


そして,そして,第2試合は,お待ちかねの錦織登場。肘のケガに泣かされたりしながら,ついに,ランキング17位まで来ています。準々決勝で,格上のチェコのベルディハ(第2シード,世界ランキング7位)に勝っての準決勝進出です。


でも相手は,これまで3連敗のバグダティス。しんどい試合になるかと思いきや,立ち上がりから相手のサービスをブレークして先手を取ります。1セットとるのに,30分かかりません。きわどく見えるダウン・ザ・ラインも,コートのいちば〜ん隅っこに,計ったように入る。やることなすこと全てうまくいく,スーパー・プレイの連続なのです。


写真の後ろ姿が錦織です。


楽天オープン写真20121006_153216.jpg



バグダティスは,背走してボールを追いかけてとれず,両膝を付き,両手を挙げて,「何をやってもダメ,もうお手上げ・・・」と嘆くシーンも。これには,圧倒的に錦織を応援している観客席も,「頑張れ!!」の応援拍手でした。


とにかく,彼のプレイはすごかった。ランキングトップレベルのプレーヤーが,相手に,「テニスをさせない」かのようなプレイを見せることがありますが,まるでそんな感じでした。試合開始からわずか1時間,6−2,6−2のスコアで,圧倒的な勝利でした。ひさびさに興奮して,有明を後にしました。


そして昨日,日曜日。ラオニッチとの決勝戦を,錦織が制しました。


いつもの,日曜朝9時からのテニス・スクールを終え,その後のジムでのトレーニングはそそくさと終えて戻り,テレビを見ました。3時頃に試合開始。でも4時から,住んでいるマンションの修繕委員会があり,出席しなければならず(今年は理事長をしているのです),泣く泣く録画に切り替え,1時間後に戻ると,1セット・オールで第3セットに突入したところ。これは何と,6−0という錦織のワンサイド・ゲームでおわりました。あのビッグ・サーバーに,攻撃的リターンを連発し,勝ったのです。ショットの多彩さと確実さは,圧倒的。クレバーなテニスです。そして感激の優勝。大興奮の週末でした。


彼は,まだまだ伸びそうですね。引き締まった,良い顔になってきました。真面目そうな人柄が,好感度を高めています。


ウチの事務所の圭弁護士は,名前の漢字を説明するとき,「錦織圭の“圭”です。」と説明して,わかってもらえたらいいな,と言っているのですが,そうなってきましたね。


(投稿者:幸)

吉祥寺のイタリアン,「 taverna RUCCO 」(タベルナ・ルッコ)さんのディナー

公園通り法律事務所,裏の通りにあるイタリアン,「 taverna RUCCO 」さんのご紹介です。
公園通り法律事務所は,昨年の4月,幸弁護士が一人で開業していたお茶の水から吉祥寺に引っ越してきたのですが,その引っ越しの日の打ち上げに寄らせていただいたのがこのお店です。
先週も,幸弁護士の大学同窓の友人が事務所を訪ねてくださったので,夕食に行きました。


rucco(外観).jpg


定番の「ひしこ鰯のマリネ」。酸味がきいていて,最初の一皿にぴったりです。


rucco(ひしこ鰯のマリネ).jpg


この日は,季節のメニューで,豚の薄切り肉をきれいに巻いてローストしたお料理(名前を忘れました・・・。)が出ていました。焼き色がこんがりとついていて,いい香りでした。


rucco(ポーク).jpg


最後は,大好物の羊のグリルをいただきました。RUCCOさんのお料理は,どれもお野菜がたっぷりで気に入っています。


rucco(羊).jpg


スタッフの方のメニューの説明がいつも丁寧でわかりやすく,店内は明るい雰囲気です。カウンター,テーブル席,ソファー席があるので,幅広い場面で使えるお店です!

投稿者:圭