2013年締めくくり−「憲法」の年,書籍のご紹介です−

2013年も,残すところ後3日と少しになりました。
公園通り法律事務所は,昨日で仕事納めとさせていただき,今日から冬休みです。
今年は,昨年までと比べ,私自身の友人・知人からのご相談・ご依頼・事件のご紹介が飛躍的に増えたことを実感できる嬉しい年となりました。
12月に弁護士登録5年目を迎え,一層,身の引き締まる思いでおります。
冬休みにしっかり充電して,新年から,また日々の業務に励みたいと思います。

さて,2013年を振り返ると,私が生まれてから(30年と少しですが),これほどまでに「憲法」が政治・社会の大きなテーマとして取り上げられた年はないのではないか,と感じています。
自民党の憲法改正草案(特に,憲法96条,9条についてが大きな問題としてとりあげられました),特定秘密保護法の成立など,日本という国家が根本から激変するのではないか,という懸念を持たざるを得ないものです。
憲法に関する,1つ1つの問題についてどのように考えるかは,1人1人の個人の自由だと思います。
ただ,一法律家として,そもそも日本国憲法が何を定め何を守るために存在しているのか,現在起きそしてこれから起きるかもしれない変化は,私たちにどのような影響を及ぼす可能性があるのか,ということについての理解を深めた上で,これらの問題について考え,選択していただきたいと思っています。

私が,今年読んだ(または今年以前に読んだ)書籍の中で,読みやすさ・わかりやすさの観点から,「憲法」問題について扱っている書籍をご紹介したいと思います。
ご紹介する物の中には,中学生であれば充分に読めるものも含まれています。
この冬休み,余裕のある間に,手に取ってみられてはいかがでしょうか。

1 樋口陽一著 『いま「憲法改正」をどう考えるか』(岩波書店)2013


20131228_171525.jpg

著名な憲法学者である,樋口陽一先生の著書です。
「機匏政〉としての戦前と〈憲法〉としての戦後」「供\鏝綏法史をどう見定めるか」「掘‘本の憲法体験が持つ意味」の3部構成で,
日本国憲法制定の歴史的意義,これまでの改憲に関する議論状況から改憲論の現在までが紹介されており,改正草案をどのようなポイントから考えるべきかという視点が示されています。
第3部中の『いま改憲を「決めさせないこと」』という章の中で樋口先生が書かれている,
「公共社会のあり方についての普遍−個人の尊厳と開かれた社会−を求めて成功と挫折の屈曲を経てきた自国の歴史を,選択したい。」との一文が強く印象に残っています。


2 木村草太著 『憲法の創造力』(NHK出版)2013

20131228_171613.jpg

こちらは,最近話題の若手憲法学者,木村草太先生の著書です。
1と比べると,かなり取っ付きやすく,憲法に関する問題を含む社会問題についてをとりあげ,わかりやすく解説されています。
ニュースでも身近なトピックとして取り上げられている,君が代不起立,一票の格差,裁判員制度,憲法9条に関する社会問題について,判例にも言及しながら,明快に著者の視点を示した上で解説が加えられています。
新書版で手に取りやすい1冊です。

3 杉原泰雄著 『憲法読本』(岩波書店)2004(左)・鎌田慧著 『人権読本』(岩波書店)2001(右)

20131228_171802.jpg

いずれも岩波ジュニア新書で,発行された頃に読んだものです。
充分に大人が読むに耐える内容のもので,憲法とは何か,人権とは何かという問題を丁寧に解きほぐしています。
出版年が10年以上前のため,最近の動向を踏まえたものではありませんが,根本的な理解を深めるという観点からは,有意義な書籍だと思います。

2014年はどのような年になるのでしょうか。
日々,私にできることに誠実に取り組みながら,また新たな年をスタートしたいと思います。

皆さま,よいお年をお迎え下さい。
来年も,よろしくお願い申し上げます。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

「花泉」−2013忘年会−

今年は,年末ぎりぎりまで非常に忙しく,危うく忘年会をし損なうところだったのですが,事務所裏の通りにある割烹「花泉」さんで,滑り込み忘年会をしてきました。
お店が閉まる直前だったと思うのですが,大将が開けてくれました。ありがたいですね。

まずは,蟹から。少し早いかなと思ったのですが,風味よく,強すぎない甘みがほどよかったです。

20131225_213046.jpg

トラフグの白子焼きは,熱々で,噛むと口の中に白子がとろけ出しました。

20131225_213601.jpg

次は,クエです。これは中々食べることができない,珍しい魚のようです。
クエと認識して食べたのは初めてだったかもしれません。
九条ネギとの炊き合わせでしたが,弾力のある食感で,ぎゅっと身の詰まった濃い味がしました。
皮の近くのぷるぷるとした部分もまた美味しく(写真の半透明のところです),出会いでした。

20131225_214455.jpg

お肉も。肉好きにはたまりません。

20131225_222414.jpg

日本酒は,大将お薦めの「久保田のいいやつ」をいただきました。よかったです(笑)
来年も元気に食べていきたいと思います。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村


JUGEMテーマ:吉祥寺の美味しいお店

全日本フィギュアスケート選手権を見に行ってきました

おととい21日に,年末の仕事の合間をぬって,全日本フィギュアスケート選手権を見に行ってきました。
昨年は,フィギュアづいていて,アイスショーとNHK杯を見に行けたのですが,今年は無理だなぁと諦めていたところ,友人がチケットを譲ってくれたのでした。
今年は,本当に忙しい1年だったので,ご褒美にサンタクロース来た,と思いました(笑)

当日は,アイスダンスSP・ペアSPと,オリンピック代表を巡っての激戦,男子SP。


20131221_151626.jpg

(埼玉スーパーアリーナ入り口で)

フィギュアの大会を会場で見たのは,去年が初めてだったのですが,子どもの頃から好んでテレビ中継を見ていたスポーツです。
芸術性と身体能力,両方を競い合い,それが点数化されるというおもしろさが,飽きない一因かなと思っています。

男子SPは参加選手が多く,第1グループから次世代の注目選手が登場し,さすが層が厚いと言われている日本男子だなと思いました。
序盤に滑っていた選手の中では,ジュニアの山本草太選手が目を引きました。
まだ12歳ということもあり,とても細身で,羽生結弦選手を思わせる繊細なスケートでした。

高橋大輔選手,羽生結弦選手,町田樹選手などの注目選手そがそろう最終グループの練習が始まると,やはりリンクの空気が一変します。
練習段階から,互いにけん制しあうかのように,高難度のジャンプが繰り広げられ,瞬きをするのが惜しくなるほどの6分間でした。
1番滑走の町田選手のプログラムは,エデンの東のテーマで,SPとは思えないドラマティックなものでした。
会心の滑りで,会場中のスタンディングオベーションを浴び,予想通りの高得点。「オリンピックに行く」という気迫が客席の後ろまで届く,圧巻の演技でした。
羽生結弦選手は,世界最高得点を更新している昨年からの最強プログラム。この日本選手権では,100点越えするのではないかと注目が集まっていました。
正直なところ,リンクで見ていると,いつもどおり完璧だなぁと,ただただため息が出るばかりで,素人目に見ていても97点なのか100点なのかはよくわからないんですよね。
結果は,103点。場内は大歓声でした。
そして,高橋大輔選手。今シーズンでの引退を表明しているだけに,現役選手時代を生で見られるのは最後だろうと思いながらの観戦でした。
いつもどおり,音楽そのものという印象の引き込まれるスケーティングで,この日本選手権での滑りを見られて本当によかったと,感慨深い思いでした。
スコアは80点台と,他の若手に譲る形になりましたが,得点とは関係なく,見る人の心を打つスケートをする選手だと,改めて感じる2分50秒でした。


20131221_210152_LLS.jpg
(埼玉スーパーアリーナからの帰り道)

翌日の,男子FPは,自宅テレビで観戦しました。
結果は,1位羽生選手,2位町田選手,3位小塚選手。羽生選手はオリンピック確定,他の代表2名は今夜決定します。
高橋選手は,直前の故障も聞かれる中,果敢に四回転に挑み,演技中の怪我で手から血を流しながらも滑りきり,結果は5位。
直後のインタビューは,これで最後の演技になるのかもしれない(オリンピック代表にはなれないかもしれない)と,涙で声を詰まらせながらのもので,「今まで気持で前を向いてやれていなかった結果がこれだなと思うので,この演技を深く受け止めていきたいなと思います。」という言葉がありました。
ジュニア時代から26歳になる今シーズンまで,10年以上の期間,数々の世界タイトルを手にしてきた高橋選手の,葛藤がにじみ出る一言のように感じました。
いつも,私よりはるかに若いスケーターの演技に感動させてもらっていますが,彼ら彼女らが,「青春時代」と呼ばれる貴重な時間の大半を過酷なトレーニングに捧げていることを,今更ながらに感じさせられるインタビューに胸が詰まりました。
多くのスポーツや芸術に共通するところかと思いますが,選ばれ選んだ人の苦しみというものは,どれほどのものなのでしょうか。

今朝,出勤前に,録画した男子FPを見直していたところ,織田信成選手が,キスアンドクライから控え室に戻りながら,次の滑走の高橋選手に「大ちゃんがんば!」と声をかけているのを,マイクが拾っていました。
織田選手は,この日本選手権で好成績を残さない限りオリンピックは厳しく,高橋選手の成績によって,まず落選する位置にいるという状況だったと思います。
そんな中,ごく自然に高橋選手に励ましの言葉を送る織田選手に,リンク外でも感動させられてしまいました。
男子フィギュアスケートの一時代を築いた両選手,今期で同時に引退というのは寂しい限りです。
両選手の今期FPは,いずれも忘れられない名プログラムになりました。


20131223_104424.jpg

(パンフレット)

今夜は,いよいよ女子FP。こちらもたくさんのドラマがありそうです。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 




 

タクシーに乗って

寒くなってくると、夜遅くまで仕事をしたあと、バス停まで歩いて、バスに乗って、降りてまた歩くのがおっくうになって、ついタクシーに乗る機会が増えます。

一昨日のことです。
乗った車は、運転席の周りを透明のプラスチック・ボードでL型に囲んだフルバージョンの防護壁。運転手さんは女性です。
ぼんやりと、夜の井の頭公園を眺めていると、景色が止まり、信号待ちで停止したことがわかりました。ブレーキを踏んだ時の小さな衝撃がなく、「あ、止まってる・・・」と、停止した後に気がついたのです。

次の赤信号も、先行車両の手前でなめらかに、すべるように停止。
その次の時、少し前から注視すると、手前から柔らかくブレーキを踏み込んで減速し、停止直前にはほとんど減速しきっていて、止まる瞬間の衝撃がありません。
自宅前で降りるまでの何回かの停止が、全て、絶妙でした。

料金を払いながら、そのことを話し、本当に気配りをしながら運転しておられるのですね、と言いました。
運転手さんは、驚いたような表情で顔を上げて、「そんなことを言っていただいたのは初めてです。」
そしてちょっと声を詰まらせながら、「うれしくて涙が出ます。」
心配りの行き届いた運転をしてもらって、うれしいのは私の方です。
自分の仕事を愛し、誇りを持って、お客さんを大事に働いている人に会えて、心が温まりました。

そしてその翌日。
「ねえ、お客さん。今年はどんな年でしたか? 良いことありましたか?」
お客と話したいタイプの運転手さんのようです。
そして、「私はね、悲しいことが2つも続いたんです。」と。

長年仕えた方が夏前に亡くなられ、そのすぐ後にお弟子さんが後を追うように自死したとのことです。名前は言いませんでしたが、私にも、有名な女性の演歌歌手のことだとわかりました。問わず語りで、そのお師匠さんとお弟子さんの思い出話が、ぽつりぽつりと続きます。お弟子さんの歌手の方は、ここ数年消息がわからず、周りの方々の心配の中でのご不幸だったとのことです。
当時マスコミをにぎわせていて、それを聞きかじった程度のことしか知らなかったのですが、「あの方は、『幸せになり方』をご存じなかったような印象でしたね。」と、話の相槌を打ちました。

すると運転手さんから、「そう、そう、そうなんです! そのとおりなんです!」と、ちょっと興奮気味な答えが返ってきました。湿っぽい話になったことを気にしてか、「お客さん、その表現のとおりです。座布団、5枚です!」
親しい人を理不尽な形で失った人は、その理由を自分なりに考えるしかありません。そのつらい作業の、一つの答えが、偶然見つかったのかもしれません。

悩み、苦しんでおられる方々に、日々接することの多い仕事です。『幸せになり方』を忘れかけている方には、それを思い出していただけるようにしなければ、と思った夜でした。

投稿者:幸


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

第2回「事業と暮らしの無料相談会」のお知らせ(武蔵野市・三鷹市内在住・在勤,同市内事業者の皆さまへ)

多摩パブリック法律事務所(立川にある公設事務所)で弁護士をしている,一橋ロースクールの同期が,8士業(弁護士,税理士,司法書士,土地家屋調査士,行政書士,弁理士,不動産鑑定士,社会保険労務士)合同で開催する無料相談会に誘ってくれました。

昨年武蔵野市で初めて開催した相談会とのことで,今年は三鷹市にも広げての実施だそうです。
以下のとおり,詳細をご案内しますので,この機会に気になっていた問題を相談したいという方は,お気軽においでください。
8士業そろっての相談会なので,誰に相談すればよいのかわからない・・・という方も,きっと適切なアドバイスが受けられると思います。
私も,はりきってご相談を受けたいと思います。事前予約制とのことなので,下記予約受付にご連絡下さい。

・日時:平成25年11月30日(土)
・会場:三鷹産業プラザ7階
・予約受付電話:042−548−2450(多摩パブリック法律事務所)
・予約受付時間:午前9時30分から午後7時
・相談時間:1枠30分(受付は午前3時30分まで)
・対象:武蔵野市・三鷹市内在住・在勤,同市内事業者の方々

ご予約をお待ちしております。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村

気がつけば11月

10月はあわただしく過ぎ,気がつけば11月ですね。
直前(といっても9月2日ですが。)に投稿した記事を見ると,吉祥寺秋祭りがテーマでしたが,私がお手伝いに行く予定の日はあいにくの大雨で,残念ながら,今年は半被を着られずでした。

先週土曜日には,毎年恒例の武蔵野商工会議所サービス業部会主催の,各士業による街頭無料相談会に参加してきました。
(今年は,ばたばたしており,事前告知できずでした・・・。)
台風が接近していて,あいにくの天気でしたが,ご予約いただいていた方など悪天候の中足を運んでくださいました。
今年からの試みで,相談会に併せ,商工会館で,各士業による1コマ45分のミニセミナーを開催しました。
私は,前半の司会を仰せつかったので,弁理士・行政書士の先生方のセミナーを聞かせていただきました。
それぞれの専門分野から,市民の方に役立つ情報を提供するという観点からのセミナーでしたが,私が聞いても充分に得るもののある内容でした。
当事務所からは,所長酒井幸弁護士が「『もめない相続』を実現するために」というテーマで講師を務めさせていただきました。
参加してくださった地域の方から質問もいただき,充実した会になったのではないかと思います。
(ちなみに,私は,スライドを作りました。笑。)

この間,母校一橋ロースクールで,後輩向けの新たなゼミがスタートし,また指導に通うことになりました。
今度は,今年残念ながら不合格で,来年再チャレンジをする卒業生のゼミを1つと未修1年生のゼミを1つ持つことになりました。
今年4月まで3年間(または2年間)指導してきたゼミ生の中にも,今年は残念だったものの,来年の合格に向けて頑張り始めた人もいます。
指導する方も工夫をしながら,見守っていきたいと思います。

先日,吉祥寺バウスシアターで,話題の「そして父になる」を見てきました。
旬の俳優さんぞろいの中,とりわけ小野真千子さんの,苦悩する母親の演技に惹かれました。
バッハのBGMがよく合う,淡々とした,それでいて掴まれる映像が続き,見応えがありました。
忙しい毎日ではありますが,うまく息抜きをしつつ,よいコンディションを保って仕事したいと思います。
(今,流行の風邪を引いてしまっていますが・・・。)

今年も残すところあと2か月になりました。
よい締めくくりができるよう,また日々の仕事を頑張りたいと思います。

投稿者:圭

9月スタート!

今日から,9月スタートですね。まだまだ残暑が厳しいですが,少しずつ朝夕が過ごしやすくなってきたように思います。
今年の夏休みは,猛暑の中,事務所と近所のゴルフスクール(事務所から徒歩3分)を往復していました。

今日から,母校ロースクール2年生に在籍中の学生がエクスターンに来ています。
来週も,入れ替わりでもう1名来る予定なので,しばらく賑やかになりそうです。
1週間という短いではありますが,今後の勉強のモチベーションなるよう,弁護士実務の一端を体験してもらいたいと思います。

そして,来週末の9月14日(土)・15日(日)は,吉祥寺秋祭りです!


20130828102524_00001.jpg


先日,夏祭りが終わったばかりのような気もしますが,また吉祥寺の街が盛り上がることでしょう。
(昨年の秋祭りの様子はこちら。)
土曜日は残念ながら研修で参加できないのですが,日曜日は張り切ってこようと思います。
良い天気になりますように。

投稿者:圭



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
にほんブログ村



八十八夜の夏メニュー

吉祥寺通りをガードから少し南に,焼き鳥の「いせや」の隣のビルに,「八十八夜」というレストランがあります。
素材にこだわったシンプルなお料理が多く,店内も優しい雰囲気です。
以前からたまに足を運んでいるのですが,この夏は,2度ほど夕食に訪れました。
夏のメニューが充実しています。

エビと枝豆のアヒージョ。ぷりぷりのエビに枝豆の歯ごたえが加わり,ワインが進みます。

八十八夜01.jpg


ゴーヤは,シンプルにきんぴらで。


八十八夜02.jpg


大仙鶏の香味味噌焼き。鶏肉が柔らかく,お味噌の芳ばしい風味が加わり,さらにワインが進みます。


八十八夜03.jpg


別の日にいただいた,ズッキーニ。手前は,「丸ズッキーニ」だそうです。
ほどよく焼かれていて,濃いめのドレッシングをつけていただきました。


八十八夜04.jpg


何かとほどよく,これからも活躍しそうなお店です。


投稿者:圭



JUGEMテーマ:吉祥寺の美味しいお店

武蔵野商工会議所士業研究会・勉強会のお知らせ:「紛争化した相続問題の解決−士業間の協同ー」

当事務所は,武蔵野商工会議所サービス業部会に所属しています。
士業の会員は,主にサービス業部会に所属し,街頭無料相談会などの活動に取り組んでいます。
また,2か月に1回程度,士業研究会の勉強会を開催し,持ち回りで,メンバーの1人が講師を務め,講演をした後,ざっくばらんな質疑の時間を設け,士業間での学びの場としています。

今月の研究会は,明日6日(水)18:00からの開催で,当事務所の酒井幸弁護士が講師を務めさせていただくことになっています。
テーマは,「紛争化した相続問題の解決−士業間の協同ー」です。
相続問題は,税務,登記手続などが問題となる場面が多々あるため,ご依頼者のトータルの満足の観点から士業間での連携が強く求められる紛争です。
この機会に,情報を共有し,一層緊密な連携を実現する一助となれば幸いです。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

家事事件手続法施行後の調停について

家事事件手続法についての研修を受けてきました(1)に続き,(2)を書く予定だったのですが,なかなか書けないまま時間がたってしまいました(苦笑)

今年1月から家事事件手続法が施行され,東京家庭裁判所での運用にも新たな試みが取り入れられ始める中,日々の家事調停事件(離婚調停や遺産分割調停など)に取り組んでいます。

(2)に変えて,受講した研修も踏まえ,家事事件手続法施行後の,調停についての雑感(主に東京家裁の運用について)を投稿します。

 

1 当事者同席での手続説明について

  毎回の調停の最初に,当事者双方とその代理人が同時に部屋に入り,その日の調停のテーマ,進行などについて確認をします。また,その日の調停の最後に,やはり双方当事者・代理人が一堂に会し,その日の調停の進捗と次回までの双方の課題(提出資料や主張書面で追加すべき主張など)を確認して,調停が終わります。

  家事事件手続法施行前は,離婚調停で当事者が同席する場面は,特に対面して確認すべき事項がある場合(たとえば,離婚調停で相手方が離婚意思を直接申立人本人の口からききたいなどの強い希望があった場合など。)や調停成立時に双方の意思確認をする時などに限られていました。それが,毎回の調停で必ず2回は同席することになったため,かなり同席する場面が増えた,という印象が強いです。

同席の場面でも,当事者の間にそれぞれの代理人弁護士が入るので,「対面」という状態にはなりませんが,離婚調停など,同じ部屋にいるというだけで依頼者が強いストレスを感じるというケースは多々あるので,依頼者には事前に十分な説明をしておく必要があります。この点,研修では,深刻なDVのケースなど申立時に提出する「進行に関する照会回答書」の裁判所に配慮を求める事項欄に,手続き説明の同席も不可能である旨記載すれば,手続説明を同席でするか判断する際に考慮するとの説明があったので,このような場合には,事前の対応を欠かさずにすべきです。しかし,原則実施という運用となっている以上,相応の理由がなければ実施するという方針かと思いますので,できる限り顔を合わせたくないので・・・という理由では通らないものと思われ,依頼者への事前の説明の必要性を改めて感じています。

 

2 主張書面の扱いについて

  研修では,家事事件手続法の改正により,申立書写しを相手方に送付することとなったため,指定書式による相手方を意識した申立が求められるとの説明がありました。また,主張書面についても,非開示の希望に関する申出書を併せて提出した場合にも,相手方が写しの交付を希望すれば原則として開示するという運用となっているようです。(東京家庭裁判所以外の某家裁でも,同様の対応でした。)。

  従来は,特に裁判所のみに伝えたい事項などについて主張書面に記載に,裁判所止まりで扱ってもらう場面もありましたが,これからは,常時,訴訟の際の準備書面と同じく,相手方への開示を前提に配慮をした上で充分な主張を記載した書面を提出する必要があります。

 

3 委任状・資料説明書

  家事事件手続法の施行により,当事者の代理人が「手続代理人」と呼称されることになりました。これにより,委任状も「手続代理委任状」という名称になります。「訴訟委任状」で提出しないように注意が必要です(別の遺産分割調停に関する研修の際,調停員を務める講師から,未だに「訴訟委任状」での提出が多いため,気をつけて欲しいとの注意喚起がありました。)。

  また,手続代理人が資料を提出するにあたっては,厳格に資料説明書の提出が求められるようになりました(研修では,規則上の提出義務ではないが,手続代理人が提出する場合には事実上「義務」という趣旨の説明でした。)。なお,離婚調停を申立てる場合,併せて婚姻費用分担調停を申立てることが多く(別居後の生活の支払いが止まっていたり,低額だったりすることが多いため。),形式的には別事件として同じ手続の中で調停が進められるのですが,それぞれの調停について資料を提出する場合,資料説明書は一括して作成してよいそうです(当初,分けなければならないのかと思って書記官に問い合わせたところ,一本化して良いとの回答でした。)。

 

4 雑感

  以上は,家事事件手続法施行後の調停での経験に基づいて記載したので,部によっては対応が異なったり,地方ごとに,提出を求められる資料や運用に差違があるところもあろうかと思いますが(実際に地方の家裁では,申立の際に提出を求められる書類が異なったりします。),やはり全体に,調停の手続がかなり訴訟に近づいたという印象を持っています。

  離婚調停では,言い分を述べる機会こそ,従来通り交互に入室し個別に与えられますが,当事者双方が同席して進行や争点を確認し,主張すべき点を絞り,主張を重ねていくというプロセスが一層意識されてきたと感じます。

  代理人として,家事事件手続法の施行前以上に,手続の運用を適確に理解し,依頼者に不安が生じないよう配慮しながら,主張を効果的に裁判所に伝えることを意識する必要性を感じています。