四つ葉のクローバー

昨日の刑事模擬裁判最後の授業,無事終えることができました。
判決言い渡しの後,裁判長役の学生さんからの説諭は胸に響くものでした。
授業後に聞いたところ,裁判官チームは悩んだ末に書いた判決で,
悩みを残しながらもその結論に責任を持つ意味を込めた説諭だったようです。
これを聞いてなおさら感動してしまいました。

学生の皆さんから,授業の最後に1人ずつ感想をもらったのですが,
それぞれがこの間どれだけ熱心に模擬裁判に取り組んできたのかが伝わってくる感想ばかりでした。
講師チームは,すべての場面で「条文を丁寧に引くように」「条文に対する意識を強く持つように」という指導をしていたのですが,
「条文に対する意識が変わった」という感想を言っていた学生さんもいて,伝わったものがあることをとても嬉しく思いました。

先輩講師のお一人が,ご自宅の庭で見つけた四つ葉のクローバーの写真を小さく切り抜き,
1つ1つ手で折った和紙の袋に入れたお守りを,学生さんプレゼントしていました。
きっと新司法試験当日には,学生のみなさんの鞄に入っていることでしょう。
(素敵なお守りだったので絶賛したところ「じゃあ酒井先生にもあげるよ」と言われ,ずうずうしく1ついただいてしまいました。笑。)

刑事模擬裁判の指導期間,ベテランの先生方の指導ぶりを間近に見ることができ,私自身にとっても貴重な経験となりました。
ご指導にあたられた講師の先生方,熱心に取り組んでおられた学生のみなさんに,心から感謝しています。

授業終了後の打上げに,手作りの燻製と梅酒持参の先生がおられたのですが,これがとても美味しかったのです。
我が家でも,かなり甘さ控えめの梅酒を漬けるのですが,さらに控えめ。
しかも焼酎・泡盛・ブランデー漬けの3種類が用意されており,どれもさっぱりとオツなお味でした。
思わず翌日メールで美味しく作る「コツ」を聞いてしまいました。
つけ込むお酒へのこだわりが違うようです。

民事模擬裁判・刑事模擬裁判を合わせての打ち上げは大変な盛り上がりでした。
熱い法律談義を交わしている講師と学生さんもいれば,ひたすら飲み・食べ・楽しくしゃべっている若手講師周辺チームも。
学生のみなさんに,試験前のいい息抜きになっていたらよいのですが。

・・・ちなみに私に下された判決は内緒です(笑)



投稿者:圭







判決の日

今日は,いよいよ成蹊大学ロースクール刑事模擬裁判,最後の授業です。
4月から務めてきた被告人役も,今日で終わりかと思うとなんだか寂しいです。

今年初の試みだった,模擬公判前整理手続では,学生のみなさんに,
証明予定事実記載書面・証拠開示請求書・予定主張記載書面など,一通りの書面を作成してもらいました。
期日間にかなりの作業が必要となる中,みなさん本当に頑張っていました。
特に成蹊ロースクールは,社会人として勤務しながら夜間コースに通う学生さんも多く,
自分の仕事をこなしながらこれだけの作業をしていたのかと思うと,感心します。

前回の授業の終わりに,弁護人役の学生さんから「もし執行猶予がつかず,実刑判決になってしまったら控訴を考えますか?」と尋ねられました。
もちろん授業は第一審で終わりですが,模擬裁判でも,実際の刑事裁判にあたる弁護人と同じようにその先を考えている姿が,頼もしく思えました。

法科大学院の現状に対しては様々な議論がありますが,教育の現場では,
多くの教員が法律学の基礎そして法律実務の基礎を学生のみなさんに伝えられるよう日々指導にあたっています。
そして,学生のみなさんは,真摯にカリキュラムに取り組んでいます。
成蹊大学ロースクールで模擬裁判指導チームの末席に加えていただき,また一橋大学ロースクールで後輩のゼミ指導にあたる中,
まず自分自身が,多くの経験を積み市民の皆さんに信頼してもらえる弁護士とならなければならないと,強く感じています。

今日はどんな判決が下されるのでしょうか・・・?とても楽しみです。
判決の後は,民事模擬裁判・刑事模擬裁判合同で,打上げがあるそうです。
台風が心配ではありますが,こちらも楽しみです!


投稿者:圭




奈良ホテル

 6月25日、「奈良ホテル」で司法研修所・同期の集まりがあり、1泊してきました。

ここは、創業1909年。「関西の迎賓館」と呼ばれたという歴史あるホテルで、一度泊まってみたいところでした。

関西空港から奈良行きのリムジンバスが停まる、唯一のホテル。
バス停を降りて、小さめの門を入っていくと、間もなく、堂々とした日本風の建築が右手に姿を現します。

美しい瓦屋根の両端には、鴟尾(しび)が配され、城か、寺院かと思わせるたたずまい。
エントランスから入ると、左手にフロント、正面に階段。意外に取り澄ました雰囲気はなく、磨き抜かれた木造部が、柔らかい雰囲気をかもしています。





右側の壁には、上村松園の日本画「花嫁」。高島田に角隠し、黒留め袖の「日本の花嫁」を、女性として過酷な人生を生ききった女流画家は、どんな想いで描いたのだろうと、2階の客室に向かう階段で、振り返り、振り返り、見てしまいました。

皇室の”定宿”と聞いていましたが、海外からも、オードリー・ヘップヴァーン、チャップリン、アインシュタイン、プロコフィエフ、ニクソンなど数々の著名人が泊まったのだとか。彼らが歩いたその床を踏みしめていると思うと、ちょっと楽しい気分でした。

木造建築を維持するのは、石造に比べてはるかに大変だと思いますが、大事に大事に手入れされていることが、あちこちに見て取れます。
ヨーロッパの古い石造の建物に比べ、しみじみと暖かみを感じました。

今回、カメラを持って行き忘れました!
仕方なく、ケイタイで撮った写真ですが、アップしておきますね・・・。

(投稿者:幸)






事務所設立1ヶ月

新事務所がスタートして、1ヶ月。

この間、お祝いや激励の言葉を、たくさんの方々からいただきました。
そして、送られてきた花々。鉢植えの胡蝶蘭、生花のフラワーアレンジメント、プリザーブドフラワーなど、数えると60を超しました。

今、事務所は、“お花屋さん”状態。胡蝶蘭の品評会のようです。部屋中に花の香りがただよい、お寄せ下さった方々のお気持ちが、本当にうれしいです。これから、このご期待にお応えしていかなくては・・・


(写真に撮ってもらいましたが、ほんの一部しか入りません。)

地元吉祥寺の方々へのご挨拶も進んでいます。
「吉祥寺公園通り商店会」「武蔵野商工会議所」にも、入会。商店会では初めての法律事務所だそうです。
これから法律相談など仕事分野だけでなく、夏祭りなど地域のイベントの仲間にも入れていただきます。よろしくお願いします!

投稿者:幸

成蹊大学ロースクール

今年度から,成蹊大学ロースクール刑事模擬裁判指導チームの末席に加えていただいています。
私は,弁護人指導担当チームで,殺人被告事件の被告人役を務めています。

昨日は,第1回公判前整理手続の授業でした。
被告人として出廷し,学生のみなさんのやりとりを聞いていましたが,それぞれの役割に従ってとっさの対応を熱心にこなしており,模擬裁判にかける熱意が伝わってきました。
裁判官役の学生さんの落ち着きは,本物の右陪席級でした(笑)

弁護人チームでは,授業のたびに被告人に対する模擬接見を行うのですが,初めての接見より2回目,2回目より3回目と,聞き取りの技術が向上しているなと感じます。
被告人に対して難しい法律用語や概念をわかりやすく説明しようという姿勢が感じられる,誠意あふれる弁護団です。
私自身,実際の事件の際,依頼者のみなさんに理解しやすい説明ができているのか,日々気をつけなければならないなと感じる瞬間です。

今後,引続き公判前整理手続を経て公判廷での証人尋問・被告人質問が行われます。
いつもは尋問する側ですが,被告人役として尋問を受ける経験ができるので,学生のみなさんからどんな質問がされるのかとても興味深く,楽しみにしています。

刑事事件のベテランの先生方と同じ指導チームに所属することは,私自身にとっても勉強になることが多く,学生の皆さんの指導をとおし,多くを学ばせていただいています。

今は弁護人チームの指導担当のため,弁護人役の学生さんとお話しする機会が多いですが,尋問期日後の打ち上げでは,他のチームのみなさんともいろいろとお話ししてみたいと思っています。

そんなわけで,最近,私に下される判決が気になる毎日です。


投稿者:圭







新事務所のオープンパーティー

作日、5月12日、新事務所のご披露をしました。
“私は晴れ女”と、いつも自慢しているのに、雨模様・・・

午前中は、お手伝いメンバー3人と、事務所メンバー3人で、圭弁護士が作った”ロジ表”を元に綿密な打ち合せ。
さあこれからセッティングというときに、ピンポ〜ンと、宅配便。またまたたくさんのお花がとどきました。
一斉に段ボール箱と格闘して、お花を並べて、テーブルや飲み物の準備開始。早めにお弁当を食べてスタンバイ。

開始予定の1時より前に、何と20年近く前のご依頼者が到着。なつかしくて、お礼の言葉もそこそこに、その後のお暮らしぶりのご報告に耳を傾けました。
引き続き、三々五々と、ご依頼者、友達、弁護士仲間、アンコール遺跡調査団の関係者も。
圭弁護士の方は、研修所教官、修習同期、一橋大学法科大学院のみなさん、模擬裁判を指導している成蹊法科大学院の学生さんなど、若い方達も見えました。
法律家ご夫婦で、生後5か月の赤ちゃん連れもおられて、当事務所来訪者の最年少記録が、もうできましたよ!

お出でになった方は、玄関でお迎えして、まず第一応接へご案内。13〜14人くらいの会議はできます。
ここで芳名帳にお書きいただいて、次に小ぶりの第2応接へ。そして執務スペースも見ていただいて、空いているお席にご案内。

夕方までは、割合ゆっくりとお話しができたのですが、5時をまわったあたりから次第に混み始めました。
お話しをしたい方ばかりなのに、ご案内が精一杯。
この春、私の事務所で弁護修習をした修習生が、同期の友達と一緒に来てくれたころには、テーブル席はいっぱいで、書類ボックスをテーブル代わりに立食。
気心知れた弁護士同士は、ワークスペースの作業テーブルに”放置状態”で、自由に盛り上がっていただきました。

お料理は、吉祥寺アトレの中の、お気に入りの洋風お総菜屋さんにパテ、キッシュ、サラダ、オリーブなどをお願い。
アボカドのディップは、簡単レシピを用意して、当日随時手作りしてもらいました。
はい、もちろんまな板・ナイフは消毒して、調理係は薄手袋を頻繁に交換したので、ご安心を。
注目は、岡山名物”桜鯛の浜焼き”。長年のご依頼者が取寄せて下さったもので、何と50センチをはるかに超える大物です。
少しずつ味を見ていただきましたが、大好評でした。
(あ、召し上がっていただけなかった方、ゴメンナサイm(. .)m 全員に行き渡らなかったかもしれません・・・)

7時を過ぎたころには、ご案内数組がぶつかり合いそうになるくらいで、ついにお座りいただく席がなくなる状態に。
仕事を終えて合流し、立ち寄って下さった私のテニス仲間は、ついにワインもお料理も口にされないまま、お帰り頂くことになってしまいました。本当に本当にゴメンナサイ。
雨に濡れながらお運び下さった方々の人いきれと、数えると70を超した胡蝶蘭やお花のアレンジで、大振りの窓ガラスは曇りっぱなしになりました。
みなさん、それぞれゆっくりお話ししたい方ばかりなのに、それができないもどかしさ。たくさんの方を「近いうちにお会いしましょう」と約束してお送りしました。

一晩あけて、今日は晴れ。井の頭公園の若葉は、雨に洗われ、輝いています。
お立ち寄り下さった方々に、いっぱい励ましていただきました。
まだお会いしたことのないこれからのご依頼者の方々にも、心休まる公園のような、あたたかい事務所に育てていきたいと、あらためて思っています。



投稿者:幸




ゴールデンウィーク前半

 
 ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
 
 公園通り法律事務所では,ゴールデンウィーク前半,
 事務所開設のご挨拶状の発送作業をしました。
 今日あたり,皆様のお手元に届いているでしょうか。

 

 作業の合間に,吉祥寺の焼肉店「李朝園」に行ってきました。
 お肉はどれも新鮮で,味付けの加減も絶妙でした。
 さらにマスターお勧めの食べるラー油をつけると,一層味わい深くなります。
 食後の冷麺も出汁が効いており,この夏ランチで活躍しそうです。



 投稿者:圭

 

 

 
 

内装工事


 昨日,公園通り法律事務所の内装工事でした。
 
 床にタイルカーペットが敷かれ,フロアを仕切るパーティションが設置されました。
 これまで空っぽだった部屋がぐっと事務所らしくなりました。
 いよいよ今週末,引っ越しです。

 公園通り内装工事 09.jpg




 投稿者:圭