セミナー+個別相談:「相続税増税をきっかけに考える遺言」のお知らせ

今週26日(日)15:00〜17:00,野村の仲介+吉祥寺営業部様との共催で,「相続税増税をきっかけに考える遺言」ゼミナーを開催します。
遺言作成のポイントなど,わかりやすく解説いたしますので,理解を深める機会にしていただければと思います。
詳細は,
こちらをご覧下さい。

セミナーはコンパクトに1時間として,終了後個別の相談も受けさせていただきます。
お近くのみなさま,ぜひお気軽においでください!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村

 

舞台「海辺のカフカ」@赤坂アクトシアター

少し前になってしまうのですが,7月初め頃,蜷川幸雄さん演出の舞台「海辺のカフカ」を見てきました。

20140703_181900.jpg

高校生の頃から,村上春樹さんの小説が好きで,長編を何度も読み返すくらいなのですが,自分の頭の中で作品ごとにイメージ画像を作り上げているので,映像作品(映画化された「ノルウェイの森」など)は一切見ていませんでした。
なんとなくイメージが壊れる気がしていやだったのですよね・・・。
実は「海辺のカフカ」は村上作品の中では,好きな方ではなく2回くらいしか読んでいなかったので,舞台を見てみてもいいかなという気持ちになり,さらに蜷川幸雄さんの舞台は前々から一度見てみたかったので,行くことにしました。

村上作品は,物語の中に2つの世界が設定され,時間的・空間的にリンクしたり離れたりするという独特の舞台設定がされているものが多く,海辺のカフカもかなり明確に二重世界が描かれている作品です。
いったいこの世界の行き来やリンクをどう演劇で表現するのだろうと思っていたのですが,舞台上には,私の頭の中のイメージ映像などは遥かに超える(当たり前ですが。笑。),ものすごく適確な2つの世界が立ち現れていました。
舞台装置が素晴らしいのですよね。透明で大きな立方体のアクリルケースの中に,それぞれの場面に必要なセットが収められていて(トラックが入っていたり,図書館の受付の机と椅子が収められていたり,寝室のベッドが配置されていたりします),そのケースにキャスターがついていて,自在に動かせるのです。
二重世界がリンクする場面では,主人公の1人であるカフカが入っているケースともう1人の主人公的な位置づけのナカタさんが入っているケースが真横に並び,見事にシンクロしていました。
場面の切替が全てこの移動でされるので,場面切替のテンポもとてもよく,目が離せない舞台でした。

キーパーソンである謎の女性(カフカの母?)を演じていた宮沢りえさんが本当に美しく,折れそうに細い身体ながら,エネルギーが客席まで届く素敵な演技でした。
宮沢りえさんが小さなアクリルケースに入って,歌いながら登場するシーンがあるのですがとても幻想的でした。
ドラマのイメージの強かった藤木直人さんも,予想以上に(失礼。笑。)舞台映えしていました。

なんとか仕事をやりくりして,思い切っていって本当によかったです!
またリフレッシュのためにこういう時間を作りたいと思います。

20140807_172707.jpg 


20140807_172649.jpg

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村

 


 

司法修習生送別会@上海ガーデン

あっと言う間に8月。今年の夏も暑いですね。
6月から公園通り法律事務所で弁護修習期間を過ごしていた司法修習生が昨日最終日だったので,事務所のみんなで送別会をしてきました。
同業の先輩に教えていただいた,最近お気に入りの地元の中華料理店「上海ガーデン」。
ビジネス交流会の会場になっていたり,ランチでは足を運んでいたのですが,夜ゆっくり行くのは初めてでした。

前菜の蒸し鶏は柔らかく,奥の一見麺ふうのものは干し豆腐。おもしろい食感でした。


20140731_190054.jpg


鶏肉とカシューナッツの炒め物。こちらも鶏肉はふっくらしていて,お野菜はしゃきしゃきでした。


20140731_191249.jpg


こちらのお店は,ヘルシーな中華料理をコンセプトにしており(薬膳もあります),どれも全くしつこくなく,油が控えめなのかするする食べられます。
定番の角煮も,とてもさっぱりしています。


20140731_192342.jpg 


豆苗の炒め物も,絶妙の火加減。


20140731_193916.jpg


餃子も,自宅ではこうはいかないなぁという味わい。1人2個では足りないですね。追加すればよかったです。


20140731_194152.jpg


5人で楽しく盛り上がり,修習生を和光の研修所での集合修習(座学で仕上げの研修をする)に送り出すことができました。
毎日とても熱心に修習に取組んでいたので,きっと多くのものを吸収してもらえたのではないでしょうか。
少し寂しくなってしまいますが,8月の後半には母校ロースクールからエクスターン生が来るので,また賑やかになりそうです。

暑い夏,しっかり食べてエネルギーを補給しながら乗り切ろうと思います。
みなさんも,暑さに負けずお元気にお過ごし下さい。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

吉祥寺ふれあい夏祭り

梅雨も明け,暑い夏が始まりましたね!
吉祥寺では,今日・明日と毎年恒例の夏祭りが開催されます。
今年は40回目の夏祭りということで一層盛り上がりそうです。
お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。
私は,明日,公園通り商店会のテントにお手伝いに行く予定です。




毎年楽しみなのが,東急デパート横で開催される地元商店やデパートも出店するハイレベルの縁日です。
昨年に引続き商店会の援助で,武蔵野第一小学校の生徒さん達が体験企画を出店するそうです。こちらも楽しみですね。
これからお昼を調達してこようと思います!

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村



 

気がつけば6月,気がつけば3周年(過ぎてました)

また,しばらくブログの更新が滞ってしまいました。
今年の梅雨は酷い雨が降ったり,暑かったりと不安定な天候が続いていますが,皆さまお元気にお過ごしでしょうか。

この間,4月25日には,公園通り法律事務所開所3周年を迎えました。
ご依頼者,顧問先の皆さまに,より質の高い仕事をご提供できるよう,所員一同元気に忙しく頑張っております。
この3年間で,地域の皆さまにすっかり顔を覚えていただき,通勤の際などによく声をかけてもらえるようになりました。
公園通り商店会,武蔵野商工会議所など,今後も地域の活動にも鋭意参加させていただきたいと思います。

今年は,例年前期に講師として通っている成蹊大学ロースクールの民事模擬裁判に加え,所長が永年勤めさせていただいていたパラリーガル養成講座の講師も引継ぎ,大忙しの上半期です。
昨日は,模擬証人尋問期日で午後半日授業でした。受講生のみなさんは例年通り社会人の方が多く,忙しい仕事の合間に準備をして臨んでおられました。
打ち上げは恒例の「春香苑」さんの焼き肉で,こちらも堪能してきました。

美味しい物を食べ,ゴルフの練習もしながら,後半も元気に頑張りたいと思います。

6月から,所長が指導担当をしている司法修習生と,公園通り法律事務所でエクスターンをしていた一橋ロースクールの後輩がアルバイトに来ており,事務所がとても賑やかです。
今年中には,弁護士1名と事務局1名,公園通りの仲間に加わってもらえればと思っています。
採用情報については,追ってお知らせします!

3周年を迎えたので,近日中にホームページをリニューアルする予定です。
新しいページもぜひ見に来ていただければと思います。
(頑張って原稿を書かなければならないのですが・・・。)

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村





 

武蔵野商工会議所士業研勉強会−今,知っておきたい憲法のこと−

当事務所がメンバーになっている武蔵野商工会議所では,地元の士業が集まって定例の勉強会を開催しています。
持ち回りで講師を務め,横断的に各士業の取り扱い分野について理解を深めています。
以前所長も,相続に関する士業の連携をテーマに講演をしたのですが,今回は私が担当です。

それぞれの士業の先生方が実務的なテーマを取扱うことが多いので,今回は趣向を変えて,最近日々ニュースに取り上げられている「憲法」をテーマに講師をさせていただくことにしました。
ご依頼者との間で話題になることもあるかと思いますので,意外と知られていない憲法の基礎知識の確認から時事問題を考えるにあたってのポイントなど,コンパクトにお話しできればと思っています。
今さら聞けない・・・という疑問点にも答えられる場になればと思いますので,お気軽にご参加下さい。

今週9日(水)18:00から商工会議所にて開催です。
(士業研のメンバー向けの内部勉強会ですので,一般の方はご参加いただけません。)

1時間でまとめられるよう鋭意準備中です。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村




 

井の頭公園の桜2014

公園通り法律事務所は,間もなく開所4年目を迎えます。
事務所は井の頭公園から徒歩5分程度なのですが,これまで3回あったお花見のチャンスをことごとく逃しており,今年こそはと思っていました。
結局桜の下で飲みながらの「お花見」は難しそうなので,お昼休みに井の頭公園を一周し,昼間のお花見をしてきました。
(写真は,今朝,事務局が撮ってきてくれたものです。)

R0015002.JPG

すでに桜は満開で,池の周りの桜の木は,花でふさふさでした。

R0015017.JPG

かいぼりも終わってきれいになった池の周りを桜が囲み,1年で1番華やかな景色になっています。

R0015011.JPG

平日の昼間にしては人でも多く,お花見の人たちでにぎわっていました。
写真は,朝のものなのでスワンが出ていませんが,お昼はスワンもボートも総出動で桜の木の下にボートを停めて池からお花見をしている人もいました。

R0015030.JPG

このまま本当の「お花見」を始めたい気分になりましたが,ちゃんと事務所に戻り午後の仕事をしています(笑)

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村




 

ホームページ復旧のご報告

3月18日から弊所ホームページにアクセス障害が発生しており,ご迷惑をおかけしておりました。
同月20日に無事復旧し,閲覧可能な状態となっておりますので,ご報告いたします。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村

ホームページ不具合のお詫び

公園通り法律事務所ホームページに不具合が発生しており,一時的にアクセスできない状態となっております。
アクセスいただいている皆さまに,お詫び申し上げます。
当事務所の連絡先,所在地等を以下にご案内いたしますので,ご覧下さい。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2−4−16 吉祥寺石井ビル2階(Google map は 
こちら
電話:0422−23−6162
FAX:0422−23−6163
業務時間:平日午前9時から午後6時(木曜日は午後8時まで延長)
 ※ご希望により,午後6時以降または土曜日のご予約もお取りしております。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

東日本大震災から3年,4度目の3.11に思うこと

東日本大震災から3年,4度目の3.11に思うことを投稿します。

死者1万5884人(これに加え3000人近い方が震災関連死と認定されています),行方不明者2633人に及ぶ未曾有の大震災により,3年が経った今も,26万人を超える方が避難生活を強いられています。
この震災では,福島第一原発の事故により,福島県沿岸部を中心に,帰宅困難区域・居住制限区域等の規制が敷かれる事態となり,自宅に帰らないことを強いられ続けている多くの人がいます。
福島県では震災関連死による死者(1660人)が震災による直接の死者(1607人)を超えたとの報道からも,避難生活の苛酷さが伝わってきます。
福島に限らず,津波の被害地域の居住問題は未だ解決されていません。
災害公営住宅の建設など,少しずつ復興計画は進んでいるものの,未だ宮城・福島・岩手3県の仮設住宅の入居率は80%を上回るとのことです。
このように,原発事故と津波により国土の一部が深刻に損なわれてしまったことが,復興への大きなハードルとなっています。

私の同業者の中には,現地で被災した方々を支えている方,首都圏に勤務しながらも何度も被災地に通い支援に取り組む方,原発問題に正面から対峙する方,避難者のサポートに取り組む方など,法律の専門家としての様々な支援を実践している方々がいます。
私は,自分にできる範囲のささやかなことしかしてきておらず,真摯に活動しておられる方々を見るにつけ,ただただ頭が下がる思いです。
昨年は,忙しさに紛れて被災地に足を運ぶことができず,心残りとなってしまいました。

未だ復興は遂げられておらず,まだしなければならないこと,できることはあまりにも多くある中,「記憶の風化を恐れる」との報道を,自戒の思いを込めて見ています。

支援を続けるためには「震災は続いている」という意識を持ち続けることが不可欠であることを,私自身,改めて感じたところです。
私は,時々,陸前高田の仮設住宅でお会いした1人の老婦人が「私は,息子が流されてしまったの。」と静かにお話しされていた時のことを思い出します。
「死んでしまった」という表現ではなく「流されてしまった」という言葉に,死を受け入れられない葛藤や,津波という自然災害に抗うことができなかった無力感が込められているように感じました。

震災から3年が経つ中,それぞれが責任を伴う仕事をし自分の生活もあり,気持ちはあるけれど具体的な支援に結びつかないという方も多いのではないでしょうか。
「大きな支援」ができるに越したことはありませんが,それだけが支援ではないと思います。自分にできる「小さな支援」を見つけ,それを実践することで変わるものもあるのではないでしょうか。
「できることを続けること」,4度目の3.11を迎え,思ったことです。
実践していけるよう,気持ちを持ち続けたいと思います。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村