東日本大震災から3年,4度目の3.11に思うこと

東日本大震災から3年,4度目の3.11に思うことを投稿します。

死者1万5884人(これに加え3000人近い方が震災関連死と認定されています),行方不明者2633人に及ぶ未曾有の大震災により,3年が経った今も,26万人を超える方が避難生活を強いられています。
この震災では,福島第一原発の事故により,福島県沿岸部を中心に,帰宅困難区域・居住制限区域等の規制が敷かれる事態となり,自宅に帰らないことを強いられ続けている多くの人がいます。
福島県では震災関連死による死者(1660人)が震災による直接の死者(1607人)を超えたとの報道からも,避難生活の苛酷さが伝わってきます。
福島に限らず,津波の被害地域の居住問題は未だ解決されていません。
災害公営住宅の建設など,少しずつ復興計画は進んでいるものの,未だ宮城・福島・岩手3県の仮設住宅の入居率は80%を上回るとのことです。
このように,原発事故と津波により国土の一部が深刻に損なわれてしまったことが,復興への大きなハードルとなっています。

私の同業者の中には,現地で被災した方々を支えている方,首都圏に勤務しながらも何度も被災地に通い支援に取り組む方,原発問題に正面から対峙する方,避難者のサポートに取り組む方など,法律の専門家としての様々な支援を実践している方々がいます。
私は,自分にできる範囲のささやかなことしかしてきておらず,真摯に活動しておられる方々を見るにつけ,ただただ頭が下がる思いです。
昨年は,忙しさに紛れて被災地に足を運ぶことができず,心残りとなってしまいました。

未だ復興は遂げられておらず,まだしなければならないこと,できることはあまりにも多くある中,「記憶の風化を恐れる」との報道を,自戒の思いを込めて見ています。

支援を続けるためには「震災は続いている」という意識を持ち続けることが不可欠であることを,私自身,改めて感じたところです。
私は,時々,陸前高田の仮設住宅でお会いした1人の老婦人が「私は,息子が流されてしまったの。」と静かにお話しされていた時のことを思い出します。
「死んでしまった」という表現ではなく「流されてしまった」という言葉に,死を受け入れられない葛藤や,津波という自然災害に抗うことができなかった無力感が込められているように感じました。

震災から3年が経つ中,それぞれが責任を伴う仕事をし自分の生活もあり,気持ちはあるけれど具体的な支援に結びつかないという方も多いのではないでしょうか。
「大きな支援」ができるに越したことはありませんが,それだけが支援ではないと思います。自分にできる「小さな支援」を見つけ,それを実践することで変わるものもあるのではないでしょうか。
「できることを続けること」,4度目の3.11を迎え,思ったことです。
実践していけるよう,気持ちを持ち続けたいと思います。

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

一橋大学法科大学院,後藤昭先生最終講義

昨日,一橋大学法科大学院の恩師である,後藤昭先生の退官にあたって開催された最終講義に出席してきました。
長くとりとめのない記載になりますが(それでも,感じることが多過ぎて,書き尽くすことはできないけれど),自分自身の心に刻むためにも,投稿したいと思います。

20140207_145136.jpg

広い講義室は,卒業生,現役生,教員でほぼ満席状態でした。

テーマは「法科大学院と刑事訴訟法」。多くの先生方がなさるであろう研究業績を語るスタイルではなく,法科大学院教育をメーンテーマに,後藤先生ご自身のことを語る,というスタイルで進められました。
後藤先生は,一橋大学法科大学院はもちろん,法科大学院制度の基礎を作られた功労者のお1人です。
まず,冒頭には,日本の法科大学院のモデルを発信する,という後藤先生の信念が語られました。
その1つは,法律家として社会に貢献できる人を送り出すこと,もう1つは入学者にとって入って良かったと思える法科大学院にすること,一橋であればそれを実践できるという思いから,初代院長として法科大学院教育に携わられてきたそうです。

後藤先生は,「法曹を育てる」ということにどのような意義を見いだしておられたのか。
講義の中では,現在の刑事訴訟法論が日本の現実(自白の手段としての身体拘束,代用監獄の実情等)を見ているのか,また問題解決の構想を示せているのかという問題意識が提示されました。
先生は,法律家を育てる過程から変えることことでこれらの問題を解消するという,法科大学院教育の意義,「事実の中から法を発見する立論」ができる法曹を育てることの意義を語られました。
刑事訴訟法に限ったことではなく,社会のあらゆる場面で問題に直面した時,妥当と信じる解決のための法理論を導き出せる基礎力を備えるべきである,それを備えてこそ,当事者法曹の役割を果たせるという,メッセージを感じました。
私自身,日々取り組む業務は,民事事件・中小企業法務・家事事件が中心ですが,弁護士の取り組む全ての業務に通じる信念だと思います。

法科大学院教育に心血を注がれたことで,「逸失利益」もあった,しかし,多くの優れた法律家を生み出したという結果と差し引きすると,+の方が大きかったと考えているとのお話しがあり,改めて先生が私たちにかけて下さった気持ちと時間を実感しました。
後藤先生に育てていただいた法曹として,社会に貢献できる仕事・公益活動を積み重ねていかなければならないと,改めて教育を受けた者としての責任を感じるところです。

また,大きな目標に向かって自分に何ができるのか,という,広く「生き方」についての先生のお考えにも触れることができました。
 ・組織の中に埋没しない
 ・「これまでどおり」に満足しない
 ・自分の存在基盤を裏切らない
 ・実践を伴う批判
妥協なく,誠実な先生のお人柄がにじみ出ているように思いました。
(とりあえず,ポストイットに書いてデスクに貼ってみました。)

最終講義は,先生のお好きな映画「Simple Justice」から,1番お気に入りのシーンが放映され,締めくくられました。
ロースクールに入学したばかりの主人公達学生に,ロースクールの院長が語りかけるシーンです。
その中で,院長は,世の中にいる法曹には2種類ある。1つはsocial parasite,そしてもう1つはsocial engineerであると説くのです。
後藤先生が,いかにsocial engineerを育てようとの信念をもってこられたのか,social engineerたれと,最後にかつを入れていただいた気がしました。

私は,ロースクール同窓会の事務局をやらせていただいているため,最終講義後,お花の贈呈役をさせていただき,また,終了後佐野書院でわきあいあいと行なわれた懇談会の場では,僭越ながらお礼の言葉を述べさせていただきました。
ロースクール在学中の刑事訴訟法の授業は,厳しくも素晴らしいもので(すさまじく厳しくていつも緊張のし通しだったけれど,当事者法曹としての基礎をたたき込まれました),適確としか言いようのないソクラテスメソッドで,刑事訴訟法に止まらない,法曹としての基盤を作っていただいたこと,(これは1ミリのお世辞もなく)後藤先生なくして今の私はないと思っていること,感謝の言葉をいくら重ねても足りないこと,よい仕事をしてお返ししたいこと,その他,最後と思うととりとめなく,いろいろなお話しをさせていただいてしまいました。

後藤先生には,日々の弁護士業務を通して社会に貢献できる仕事をすること,そして,先生の教育を受けた一橋LS卒業生として,わずかでも後輩達に還元し続けていくことをもって,ご恩返ししたいと思います。

法科大学院制度は,今,強い逆風にさらされていますが,1人の法科大学院卒業生として,一橋大学法科大学院に学び,後藤先生のような卓越した教授の指導を受けられたことは,本当に幸せなことであったと,心から思っています。
弁護士バッジをはずすその日まで,歩を止めることなく,プロとしての向上心を持ち続け,ビジョンを持って日々の仕事に取り組もうと,想いを強くしました。

投稿者:圭

※実際のお話とはニュアンスの異なるところ,若干先生のおっしゃる趣旨と異なるところもあるかもしれませんが,酒井の感想ということでご覧いただければと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

武蔵野商工会議所新年会に行ってきました。

今日は,武蔵野商工会議所の新年会だったので,所長と参加してきました。
今年で3回目の参加なので,さすがに顔見知りの方が増え,ご挨拶しきれないくらいでした。


20140115_182512.jpg

写真は,福引き中。例年たくさんの豪華賞品が出るのですが,今年は特に多かったような・・・?
入り口で名前が書かれたカードを抽選箱に入れて,引く方式です。
残念ながら,事務所に仕事を残していたので,中座させていただきました。
帰った後に,いいもの当たってたんじゃないかと気になって仕方ありませんでした(笑)

投稿者:圭


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

タクシーに乗って

寒くなってくると、夜遅くまで仕事をしたあと、バス停まで歩いて、バスに乗って、降りてまた歩くのがおっくうになって、ついタクシーに乗る機会が増えます。

一昨日のことです。
乗った車は、運転席の周りを透明のプラスチック・ボードでL型に囲んだフルバージョンの防護壁。運転手さんは女性です。
ぼんやりと、夜の井の頭公園を眺めていると、景色が止まり、信号待ちで停止したことがわかりました。ブレーキを踏んだ時の小さな衝撃がなく、「あ、止まってる・・・」と、停止した後に気がついたのです。

次の赤信号も、先行車両の手前でなめらかに、すべるように停止。
その次の時、少し前から注視すると、手前から柔らかくブレーキを踏み込んで減速し、停止直前にはほとんど減速しきっていて、止まる瞬間の衝撃がありません。
自宅前で降りるまでの何回かの停止が、全て、絶妙でした。

料金を払いながら、そのことを話し、本当に気配りをしながら運転しておられるのですね、と言いました。
運転手さんは、驚いたような表情で顔を上げて、「そんなことを言っていただいたのは初めてです。」
そしてちょっと声を詰まらせながら、「うれしくて涙が出ます。」
心配りの行き届いた運転をしてもらって、うれしいのは私の方です。
自分の仕事を愛し、誇りを持って、お客さんを大事に働いている人に会えて、心が温まりました。

そしてその翌日。
「ねえ、お客さん。今年はどんな年でしたか? 良いことありましたか?」
お客と話したいタイプの運転手さんのようです。
そして、「私はね、悲しいことが2つも続いたんです。」と。

長年仕えた方が夏前に亡くなられ、そのすぐ後にお弟子さんが後を追うように自死したとのことです。名前は言いませんでしたが、私にも、有名な女性の演歌歌手のことだとわかりました。問わず語りで、そのお師匠さんとお弟子さんの思い出話が、ぽつりぽつりと続きます。お弟子さんの歌手の方は、ここ数年消息がわからず、周りの方々の心配の中でのご不幸だったとのことです。
当時マスコミをにぎわせていて、それを聞きかじった程度のことしか知らなかったのですが、「あの方は、『幸せになり方』をご存じなかったような印象でしたね。」と、話の相槌を打ちました。

すると運転手さんから、「そう、そう、そうなんです! そのとおりなんです!」と、ちょっと興奮気味な答えが返ってきました。湿っぽい話になったことを気にしてか、「お客さん、その表現のとおりです。座布団、5枚です!」
親しい人を理不尽な形で失った人は、その理由を自分なりに考えるしかありません。そのつらい作業の、一つの答えが、偶然見つかったのかもしれません。

悩み、苦しんでおられる方々に、日々接することの多い仕事です。『幸せになり方』を忘れかけている方には、それを思い出していただけるようにしなければ、と思った夜でした。

投稿者:幸


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村
 

気がつけば11月

10月はあわただしく過ぎ,気がつけば11月ですね。
直前(といっても9月2日ですが。)に投稿した記事を見ると,吉祥寺秋祭りがテーマでしたが,私がお手伝いに行く予定の日はあいにくの大雨で,残念ながら,今年は半被を着られずでした。

先週土曜日には,毎年恒例の武蔵野商工会議所サービス業部会主催の,各士業による街頭無料相談会に参加してきました。
(今年は,ばたばたしており,事前告知できずでした・・・。)
台風が接近していて,あいにくの天気でしたが,ご予約いただいていた方など悪天候の中足を運んでくださいました。
今年からの試みで,相談会に併せ,商工会館で,各士業による1コマ45分のミニセミナーを開催しました。
私は,前半の司会を仰せつかったので,弁理士・行政書士の先生方のセミナーを聞かせていただきました。
それぞれの専門分野から,市民の方に役立つ情報を提供するという観点からのセミナーでしたが,私が聞いても充分に得るもののある内容でした。
当事務所からは,所長酒井幸弁護士が「『もめない相続』を実現するために」というテーマで講師を務めさせていただきました。
参加してくださった地域の方から質問もいただき,充実した会になったのではないかと思います。
(ちなみに,私は,スライドを作りました。笑。)

この間,母校一橋ロースクールで,後輩向けの新たなゼミがスタートし,また指導に通うことになりました。
今度は,今年残念ながら不合格で,来年再チャレンジをする卒業生のゼミを1つと未修1年生のゼミを1つ持つことになりました。
今年4月まで3年間(または2年間)指導してきたゼミ生の中にも,今年は残念だったものの,来年の合格に向けて頑張り始めた人もいます。
指導する方も工夫をしながら,見守っていきたいと思います。

先日,吉祥寺バウスシアターで,話題の「そして父になる」を見てきました。
旬の俳優さんぞろいの中,とりわけ小野真千子さんの,苦悩する母親の演技に惹かれました。
バッハのBGMがよく合う,淡々とした,それでいて掴まれる映像が続き,見応えがありました。
忙しい毎日ではありますが,うまく息抜きをしつつ,よいコンディションを保って仕事したいと思います。
(今,流行の風邪を引いてしまっていますが・・・。)

今年も残すところあと2か月になりました。
よい締めくくりができるよう,また日々の仕事を頑張りたいと思います。

投稿者:圭

第39回吉祥寺ふれあい夏祭りに行ってきました

昨日,夕方から,地元吉祥寺の夏祭りに行ってきました。
お天気がなんとかもったこともあり,東急デパート前から裏にかけての屋台は,たくさんの人でにぎわっていました。

 
吉祥寺夏祭り2013.01.jpg


お祭前夜の24日は,事務局が,テント設営など力仕事のお手伝いに行ってきました。
私は,初日の昨日,公園通り商店会の本部テントにお手伝いに。
公園通り商店会のメンバーはもちろん,共同主催者の大正通り商店会の方や,地域の皆さまがひっきりなしに訪れてくださり,終始盛り上がっていました。

日中は,いろいろんな企画が続き,夕方からは,恒例の盆踊り。
浴衣姿の方もそうでない方も,楽しそうに踊っていました。



吉祥寺夏祭り2013.02.jpg


ちなみに,私は,浴衣は着られませんでしたが,商店会の夏祭りTシャツで頑張りました。
汗だくになりましたが,だんだんと顔見知りの方も増え,みなさん気さくに声をかけてくださるようになってきて,嬉しい夏祭りになりました。
今日夕方には,所長もご挨拶にうかがってきました。



吉祥寺夏祭り2013.03.jpg


次の秋祭りも,また楽しみです。

投稿者:圭



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
にほんブログ村

成蹊大学ロースクール模擬裁判,今年も無事終わりました。

指導チームに参加し始めて3年目になる,地元成蹊大学ロースクールの模擬裁判,今年は民事模擬裁判の講師として指導にあたらせていただきました。
昨年までの刑事模擬裁判とは,記録の準備から進行まで勝手が違うところもあり,また新しい気持ちで取り組んできました。
きのう,無事全カリキュラムが終了し,判決が言い渡され,ほっと一息ついたところです。

成蹊ロースクールは,社会人向けの夜間コースがあるため,模擬裁判の授業も,夜間に選択科目として開講しています。
4月から,隔週の水曜日,18:30から21:40まで,2コマ連続講義です。
毎年,学部卒の受講生だけでなく,様々な仕事をしながら勉強している社会人の方々と一緒に取り組むことができるため,自分にとってもとてもよい刺激になっています。
今年は原告本人役を務め,主に原告チームの受講生の指導にあたりました。
原告チームの受講生お二人とも社会人で,日々の仕事をこなしながら頑張っておられました。

授業では,当事者からの事情の聴取りから始まり,準備書面の起案,模擬証人尋問,和解,判決とひとおり訴訟実務で経験するプロセスを,実践します。
講師陣も,せっかくの模擬裁判なので,思いついたことは何でも試して欲しいというスタンスで,比較的受講生の自由に任せて進行するため,受講生は試行錯誤を重ねることになり,これがよい勉強になります。
本人役として聴取される側も,思わぬ質問がされることもしばしばなので,入念にキャラ作りをして臨みました。
これがなかなか楽しく,いろいろと設定を考えていくうちに,原告の気持ちになっていました(笑)

今年は,被告2名の事件だったのですが1名には勝訴,1名には敗訴という結果でしたが,それぞれのチームがよく準備し,水準の高い模擬裁判になったかと思います。

昨夜は,例年通り民事・刑事合同の打ち上げがあり,受講生・講師・卒業生も交えて,盛り上がり,楽しい時間を過ごしてきました。
模擬裁判の授業が終わると,いよいよ今年も後半戦だなという気持ちになります。
また,来年に向けて,日々の業務に鋭意取り組み,来年の受講生さん達に還元できるものを増やしていきたいと思います。

投稿者:圭





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

七夕

私の住んでいるマンションでは,毎年この時期になると,エントランスに七夕の笹が置かれ,住人が自由に短冊を飾ります。
ここしばらくかけていなかったのですが,今年は久しぶりに。

 



願いを込めて書きました!

ちなみに,私が以前に短冊をかけたのは,ロースクールの2年生の時で,「公法演習機雰法の演習の授業)が追試になりませんように。」でした(笑)
短冊の効果は絶大で,無事に単位をいただけたことを,懐かしく思い出しました。

住人のお子さん達のかわいい短冊がたくさんかかるのですが,ここ数年のナンバー1は「サンタさんが来ますように。」です。
神様の管轄が違いそうだし,時期もずいぶん早いんじゃないかなと思ったのですが,かわいらしかったです。

願いが叶うよう,頑張ります。

投稿者:圭




にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

あっと言う間に7月

約3か月ぶりの更新になってしまいました。ご無沙汰しております。
あっと言う間に,2013年も半分が過ぎましたが,みなさまお元気にお過ごしでしょうか。

この間,4月末に,おかげさまで公園通り法律事務所も開所3年目を迎えました。
今期からは,所長が公園通り商店会の理事を務めさせていただくことになり,一層多様な場面で地域の皆さまのお役に立とうと張り切っております。
武蔵野商工会議所サービス業部会では,今年も,街頭無料相談会の準備が始まっており,例年にない新しい取り組みについても話し合いを進めているところです。
地元の皆さまからのご相談も増え,またアクセスのよい土地柄から,都心からのご依頼者にも,足を運んでいただいております。
今年後半は,事務所からの情報発信を充実させることを意識し,よりご相談しやすい事務所となれるよう,所員一同頑張ります。
(ブログもさぼらないで,更新します・・・。)

また,この4月,3年間にわたる,一橋大学法科大学院の学習アドバイザーゼミの指導が一区切りし,ゼミ生達が司法試験を受けてきました。
未修1年生の頃からフォローしてきたゼミ生と,翌年から加わったゼミ生との混成ゼミで,わきあいあいと時に厳しく続けてきました。
教え子達が司法試験を受けるまでになったというだけで,感慨深いものがありました。
基本的な法的思考や,法律文書の書き方を中心に指導してきましたが,どのゼミ生も,教え始めた頃よりは飛躍的に進歩し,頼もしく送り出すことができました。
私は,民事系・刑事系両方を題材にしていたため,自分自身の基礎の振り返りにも,大変有意義な機会となりました。

今,法科大学院の存在意義やその在り方が問われ,法科大学院制度にとって大きな過渡期が訪れています。
私自身は,出身ロースクールの先生方には充実した教育をしていただき,また私にはもったいないほどの,優れた仲間や先輩,後輩と出会うことができたという実感を強く持っており,法科大学院には,必要な改善を重ね,優れた法曹養成機関で有り続けて欲しいと思っています。
このような状況から,しばしば,法科大学院世代の弁護士は,その「質」を問われることがありますが,
私に,まずできることは,日々丁寧な仕事をし,ご依頼者に信頼いただくこと,その信頼を積み重ねることと考えています。
法的問題を適切に解決しているか,それにより依頼者の方に満足していただけているか,いつも問いかけながら仕事をし,また微力ながら後輩達に還元できるもの,こつこつと還元していきたいと思っています。

そんな思いもあり,ここしばらくロースクール卒業生全体の同窓会立ち上げの準備に携わっていたところ,やっと6月1日に設立総会を開催することができました。
初代会長に就任された先輩から,そろそろ立ち上げようというお話しがあってから,各学年の幹事を募り準備を始めました。
当日は,如水会館に卒業生と教員の先生方,古参の事務局の方を含め,約230名が集まり,にぎやかなキックオフパーティーとなりました。
私自身は,当日の司会進行を拝命していたため大忙しで,あまり来場の方とお話しはできませんでしたが,学年を越えた交流の輪がたくさんできており,また懐かしい先生方を囲んでの楽しい会話も聞こえてきて,大変嬉しい日になりました。
幹事の後輩達も,しっかりと動いてくれ,頼りになったのも嬉しいことでした。
同窓生の人脈の基盤となるような,よい温度感の組織に育っていってほしいと思っています。
あと1年,筆頭雑用係,頑張ります。

やはり,3か月分の近況報告を一気にするの難しいですね(笑)
今日はこんなところで,また事務所からのお知らせなど,アップします。

投稿者:圭 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

越谷市商工会青年部の例会で講師をしてきました

2月,3月と忙しい日々が続いており,土日祝日も出勤の毎日です。
だんだん曜日感覚がなくなってきました(笑)今日も事務所で仕事をしています。

今週月曜日,お知り合いの税理士さんからのお声がけで,越谷市商工会青年部の例会で,講師としてお話しをさせていただいてきました。 
「取引先の倒産と債権管理」をメインテーマに,法的倒産処理の概要と取引先が倒産処理に入った場合に必要な対応,日頃の債権管理・回収の方法などについて,ご依頼者・顧問先からの日常的なご相談を踏まえて,お話しをさせていただきました。

また,事前に裁判員裁判制度についてリクエストがあったので,そもそも刑事事件の捜査や刑事裁判がどのように行なわれているのかをご紹介し,裁判員の選任手続や従業員が裁判員候補者となった場合の対応などについて,簡単に(という割には予定より長くなってしまったのですが。)ご紹介してきました。

ご参加いただいた事業者や士業の皆様からは,講演後たくさんの質問をいただきました。
講演の準備にあたって,わかりやすくお伝えするにはどうすればよいか,また,参加者の視点から聞きたいと思うポイントはどこかなど,考えることがたくさんあり,自分にとってもよい勉強になりました。
講演会の終了後は,青年部の皆様と懇談会もご一緒させていただき,大変楽しい時間を過ごすことができました。
帰りの天候(強風の日でした。)が若干心配だったのですが,無事に吉祥寺に戻ってこられました。

よい1日でした。

投稿者:圭


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
にほんブログ村