予備試験アンケート

15日,日曜日,今年度から始まった新司法試験予備試験の明治大学会場でアンケートを配ってきました。
http://www.toben.or.jp/know/iinkai/housou/news/yobisiken_enquete.html
*東京弁護士会HPに本文を掲載しています。予備試験受験生の皆さん,回答にご協力をお願いいたします。

私の所属する東京弁護士会には,弁護士それぞれが問題意識を持って様々な分野の活動に取り組む「委員会」があります。
それぞれの委員会の取り組みは,法教育,子供の権利,刑事弁護,消費者問題など多岐にわたります。

私の所属する「法曹養成センター」では,よりよい法曹養成制度の実現を目指して,新司法試験アンケート,法科大学院出身弁護士との意見交換会,
司法試験合格者の皆さんを対象とした司法修習前の実務演習講座など様々な活動を行っています。
日曜日のアンケートも,その活動の1つとして行われました。

日本では,10年ぐらい前から,様々な司法制度を見直し,裁判所その他の司法手続をもっと市民の皆さんに利用しやすいものに変えていこう,
司法制度を身近なものにしようという目的の下,司法改革が行われてきました。
この改革の1つとして,2004年から,法科大学院(ロースクール)で弁護士・裁判官・検事となる人材を育てるというシステムがスタートしました。
この制度のもとでは,法科大学院の卒業生にのみ司法試験の受験資格を与えることが原則です。
これは,法科大学院でしっかりと教育を受けた人に法曹になってもらおう,という考えを基本にしています。

他方,新司法試験予備試験は,様々な理由から法科大学院に通うことが困難な人のために,予備試験合格者にも司法試験の受験資格を与えようという目的で,今年から始まったものです。

このように,現在,司法試験を受けて法曹になるためには,法科大学院ルートと予備試験ルートの2つのルートがあります。
法科大学院が法曹養成の中心として位置づけられている中,この予備試験が,当初の目的に沿った機能を果たしていくのか,法科大学院との関係でどのように位置づけられるのか,
よりよい法曹養成制度の実現のためには,予備試験の実情が正確に把握されなければなりません。
また,予備試験が司法試験受験資格を付与する重要な試験である以上,その内容が適正なものであるかについても,検証されなければならないと思います。
配布したアンケートが,少しでもこのような役割を果たすことを期待しているところです。

当日は,法科大学院世代から大先輩世代の弁護士まで総勢26名でアンケート配布にあたりました。
配布部数合計1500部,受取ってくださった受験生のみなさん,ありがとうございました。ぜひご回答をお寄せ下さい。


投稿者:圭











新事務所のオープンパーティー

作日、5月12日、新事務所のご披露をしました。
“私は晴れ女”と、いつも自慢しているのに、雨模様・・・

午前中は、お手伝いメンバー3人と、事務所メンバー3人で、圭弁護士が作った”ロジ表”を元に綿密な打ち合せ。
さあこれからセッティングというときに、ピンポ〜ンと、宅配便。またまたたくさんのお花がとどきました。
一斉に段ボール箱と格闘して、お花を並べて、テーブルや飲み物の準備開始。早めにお弁当を食べてスタンバイ。

開始予定の1時より前に、何と20年近く前のご依頼者が到着。なつかしくて、お礼の言葉もそこそこに、その後のお暮らしぶりのご報告に耳を傾けました。
引き続き、三々五々と、ご依頼者、友達、弁護士仲間、アンコール遺跡調査団の関係者も。
圭弁護士の方は、研修所教官、修習同期、一橋大学法科大学院のみなさん、模擬裁判を指導している成蹊法科大学院の学生さんなど、若い方達も見えました。
法律家ご夫婦で、生後5か月の赤ちゃん連れもおられて、当事務所来訪者の最年少記録が、もうできましたよ!

お出でになった方は、玄関でお迎えして、まず第一応接へご案内。13〜14人くらいの会議はできます。
ここで芳名帳にお書きいただいて、次に小ぶりの第2応接へ。そして執務スペースも見ていただいて、空いているお席にご案内。

夕方までは、割合ゆっくりとお話しができたのですが、5時をまわったあたりから次第に混み始めました。
お話しをしたい方ばかりなのに、ご案内が精一杯。
この春、私の事務所で弁護修習をした修習生が、同期の友達と一緒に来てくれたころには、テーブル席はいっぱいで、書類ボックスをテーブル代わりに立食。
気心知れた弁護士同士は、ワークスペースの作業テーブルに”放置状態”で、自由に盛り上がっていただきました。

お料理は、吉祥寺アトレの中の、お気に入りの洋風お総菜屋さんにパテ、キッシュ、サラダ、オリーブなどをお願い。
アボカドのディップは、簡単レシピを用意して、当日随時手作りしてもらいました。
はい、もちろんまな板・ナイフは消毒して、調理係は薄手袋を頻繁に交換したので、ご安心を。
注目は、岡山名物”桜鯛の浜焼き”。長年のご依頼者が取寄せて下さったもので、何と50センチをはるかに超える大物です。
少しずつ味を見ていただきましたが、大好評でした。
(あ、召し上がっていただけなかった方、ゴメンナサイm(. .)m 全員に行き渡らなかったかもしれません・・・)

7時を過ぎたころには、ご案内数組がぶつかり合いそうになるくらいで、ついにお座りいただく席がなくなる状態に。
仕事を終えて合流し、立ち寄って下さった私のテニス仲間は、ついにワインもお料理も口にされないまま、お帰り頂くことになってしまいました。本当に本当にゴメンナサイ。
雨に濡れながらお運び下さった方々の人いきれと、数えると70を超した胡蝶蘭やお花のアレンジで、大振りの窓ガラスは曇りっぱなしになりました。
みなさん、それぞれゆっくりお話ししたい方ばかりなのに、それができないもどかしさ。たくさんの方を「近いうちにお会いしましょう」と約束してお送りしました。

一晩あけて、今日は晴れ。井の頭公園の若葉は、雨に洗われ、輝いています。
お立ち寄り下さった方々に、いっぱい励ましていただきました。
まだお会いしたことのないこれからのご依頼者の方々にも、心休まる公園のような、あたたかい事務所に育てていきたいと、あらためて思っています。



投稿者:幸




カンボジア

 ゴールデンウィークも後半。今日は事務所の整理整頓ため出勤しています。
 
 ゴールデンウィーク中,兄が,年末年始に家族で訪れたタイ・カンボジア旅行の写真を整理してくれました。
 初めて訪れた東南アジアは,予想を遥かに超える人々のエネルギーにあふれていました。
 とりわけカンボジアは,幸弁護士が,長期にわたり文化財保護を中心とする活動に
 携わってきた地であり,いつか訪れたいと思っていた場所でした。

 リサイズアゲイン

 写真は,アンコールトムの南大門から見た夕暮れです。
 
 この旅行では,アンコールワット,バイヨンなどの遺跡だけでなく,
 キリングフィールド,トゥールスレーンにも足を運びました。
 戦跡に刻まれている内戦の記憶を目の当たりにし,
 内戦の終結からわずか20年ほどしかたたないカンボジアの町には,
 未だ深い傷を抱えた人々がいるのだということが,重く迫ってきました。

 カンボジアの街が現在の姿に再生するまでに費やされた人々の力に,ただ圧倒され,
 私にとって,再び旅したいと思わずにはいられない場所となりました。




 投稿者:圭

                                                    

 

 
 
 
 
 

ゴールデンウィーク前半

 
 ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
 
 公園通り法律事務所では,ゴールデンウィーク前半,
 事務所開設のご挨拶状の発送作業をしました。
 今日あたり,皆様のお手元に届いているでしょうか。

 

 作業の合間に,吉祥寺の焼肉店「李朝園」に行ってきました。
 お肉はどれも新鮮で,味付けの加減も絶妙でした。
 さらにマスターお勧めの食べるラー油をつけると,一層味わい深くなります。
 食後の冷麺も出汁が効いており,この夏ランチで活躍しそうです。



 投稿者:圭

 

 

 
 

公園通り法律事務所オープンしました!

 
 4月25日,公園通り法律事務所がオープンしました。
 オープンから1週間が経ち,事務所の中も落ち着いてきたところです。
 ホームページの完成まで,随時ブログで事務所からのお知らせや
 所属弁護士の活動の様子など,お伝えしていきます。

 公園通り法律事務所の所在地,連絡先は以下のとおりです。


  住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2−4−16 
     吉祥寺石井ビル2階
  電話:0422−23ー6162
  FAX:
0422−23ー6163
  メール:info@kouendori.com


 弁護士に相談してよいのかわからない,うまく説明できる自信がない,
 というみなさま,抱えていらっしゃる悩み事は
 私どもでお力になれることかもしれません。
 まずはお気軽にお問い合わせ下さい。



 投稿者:圭





内装工事


 昨日,公園通り法律事務所の内装工事でした。
 
 床にタイルカーペットが敷かれ,フロアを仕切るパーティションが設置されました。
 これまで空っぽだった部屋がぐっと事務所らしくなりました。
 いよいよ今週末,引っ越しです。

 公園通り内装工事 09.jpg




 投稿者:圭

   

井の頭公園ー桜ー

 
 公園通り法律事務所は,4月25日から吉祥寺で業務を始めます。
 現在,いろいろな方にご協力いただきながら,
 内装工事やHP開設などの準備を進めているところです。

 公園通り法律事務所は,吉祥寺駅北口から徒歩5分,
 吉祥寺通り(通称「公園通り」)に面しています。

 先日,HP用の写真撮影のために,事務所近くの井の頭公園を訪れました。
 つい先週までは「やっと咲き始めたか。」と思っていた桜が,満開になっていました。

 038.JPG




 投稿者:圭
 


 




 

公園通り法律事務所設立のご挨拶

 

去る3月11日の東日本大震災から一か月余を経ました。被害の実像は,

それを皮膚感覚でとらえることが困難なほど,想像をはるかに超えるものでした。

この未曾有の災害の犠牲となられた方々に心から哀悼の意を表し,

ご親族や被災者の方々に,心からお見舞いを申し上げます。

 

 さて,私が神田淡路町に事務所を設けて,14年たちました。

 この間,みなさまに支えていただきながら個人事務所として業務を行ってきましたが,

 この1月に酒井圭弁護士を迎え,2人体制となりました。

以来,今後の事務所のあり方について話を重ねる中で,

より地域に密着した事務所を,吉祥寺駅近くに設立することになりました。

“市民生活上の医師”と慕われるような,親しみやすい法律事務所をめざします。


井の頭恩賜公園を憩いの中心とするこの地域は,住む方もまた立ち寄る方も多く,

霞が関の東京地方裁判所と,多摩地区の司法の中心である東京地方裁判所立川支部の

ほぼ中間にも位置します。

ここを拠点にして,市民に身近な司法を実現する事務所に育てていきたいと

考えております。


開設の準備中に,この大震災が起きました。

価値観も,人生観も,問い直さざるを得ない現実を突きつけられています。

弁護士が果たすべき役割も,さらに広がっていくと思われ,

これも新たな課題と受け止めています。


酒井圭弁護士は,法科大学院で,司法改革時代の新しい法曹像を学んできました。

若さを存分に発揮してもらい,当面,世代の異なる2人で,

多様なご期待に応えていく所存です。

今後とも,これまで以上のご指導を,よろしくお願い申し上げます。

                      弁 護 士  酒  井     幸



吉祥寺は,私を育ててくれた一橋大学法科大学院に程近く,

いつかこの地で事務所を開設したいと思い描いていた場所でした。

このたび酒井幸弁護士とともに,公園通り法律事務所を設立することとなり,

市民のみなさんの信頼を得られる事務所となれるようにと,身の引き締まる思いです。


早稲田大学商学部を経て入学した法科大学院での法曹養成課程は,

厳しく充実したものであり,私の弁護士としての礎となるものでした。

地方修習期間は秋田で過ごし,地域に根ざした法曹のあり方を学ぶことができました。

また,弁護士登録1年目には,清水直法律事務所にて

企業の再建を中心とする業務に携わりました。

一分野のプロフェッショナルの姿を間近に学び,

弁護士という仕事の幅の広さを実感するとともに,

自分自身の視野を広げる貴重な経験をさせていただきました。


これからは,キャリア37年の酒井幸弁護士が造る信頼・安定の土台の上に,

法科大学院世代の私が積み重ねられるものを探しながら,研鑽を積んでいく所存です。

今後とも,一層のご指導をよろしくお願い申し上げます。

                       弁 護 士  酒  井     圭