離婚についてのご相談

公園通り法律事務所では,離婚についてのご相談をお受けしています。


・夫・妻との離婚を考えているが,
子供の親権や養育費,財産の分け方について、どのような問題が生じるのか,どのように解決していけばよいのか悩んでいる。


・夫・妻からいきなり離婚を切り出されどのように対処してよいかわからない。できることなら円満な家庭生活を取り戻したい。

・夫・妻の不倫を理由に離婚したい。慰謝料も請求したい。

当人同士で話合いがつかない,家庭裁判所での手続はどのようになるのだろうか。


夫婦関係に関する様々なお悩みに,状況,段階に応じたご相談をお受けいたします。
調停・訴訟といった法的手続になる場合,代理人として対応いたします。

離婚を決断する前であっても,離婚によって発生するリスクや注意点などについて,アドバイスを差し上げることができます。

男性・女性いずれからのご相談もお受けしておりますので,お気軽にご相談下さい。



震災法律相談−南相馬仮設住宅にて−

先週13日土曜日,福島県南相馬市の友伸グラウンド仮設住宅にて,
福島県弁護士会相馬支部主催の「原発事故損害賠償請求準備のための無料説明会」が開催されました。

私も,東京弁護士会からの派遣チーム,4人の中の1人に加えていただき,現地に赴きました。
東京駅に午前7時に集合し,東北新幹線で福島へ。お盆休みの帰省ラッシュで,駅は早朝とは思えない混雑でした。
福島から南相馬までは,レンタカーで1時間半程度の道のりでした。
南相馬に入ると,満開のヒマワリ畑が目にとまりました。
チェルノブイリ原子力発電所の事故以降,ヒマワリには土壌の除染効果があるというデータが出ているとのこと。
ちょうど翌日曜日の朝日新聞デジタルに,「南相馬の田んぼでヒマワリ満開 土壌汚染などの効果期待」との記事が掲載されていました。
除染の効果を狙って植えられていることを思うと,鮮やかなヒマワリの花の色が胸に刺さるような思いでしたが,
作物を育てることができないまま,荒涼とした畑が広がる光景に比べると,満開のヒマワリは多少なりとも南相馬市の皆さんの心の慰めになるのかもしれません。

相談会の会場には,仮設住宅の敷地内にある集会所を用意していただきました。
開始時刻の午後1時半より,30分近く早く会場についたのですが,すでに数名会場に入っておられました。
定刻には,会場が満員に。40名近い方々が来てくださいました。
今回の説明会は,損害賠償請求について,原発の損害賠償請求について最新の政府指針が出たあとの開催だったため,
実際に損害賠償を求める際の手続きや,どのようなものが損害として請求できるのかなどを中心的なテ−マとしました。

まず,原子力発電所の事故によって発生した損害について,その賠償を請求する仕組みをできるだけわかりやすく理解していただけるよう,
チームリーダーから紙芝居形式での説明を行いました。

その後,全体での質疑応答。次々と質問の手が上がりました。
「20キロ圏内に自宅があるが,立ち入ることができないのでどんどん痛んでいく。これは損害なのか。」
「仮払金をもらっているが,その上損害賠償請求をして,もし損害が仮払金を下回ったら返せと言われるのか。」
「いつどこに損害賠償の申請をすればいいのか。一向に具体的な手続きが始まらない。」
「原発の被害はこれからも続いていく。今回の請求で終わりにしなければならないのか。」
といった切実な質問が相次ぎました。
答えられる範囲のご質問と,弁護士ではいかんともし難く政府の決定・東電の対応を待たざるを得ないご質問もあり,
現時点で弁護士ができることの限界を感じる場面もありました。

さらに希望される方向けに,個別相談もお受けしました。
平置きの長机をはさみ,4名の弁護士と向かい合う形で近い距離での相談です。
私も,2名の方のご相談を受け,できる限りのご回答をしてきました。
やはり,どのような損害が請求対象になるのかという点が,なかなかご自身では判断が難しく悩まれる方が多いようです。
このような相談会,弁護士会の相談窓口,電話相談サービスなど震災向けに設けられているサービスを積極的に利用してもらえるよう,
まずその存在を知ってもわなければならないと,強く思いました。

今回の相談会では,弁護士会作成の「東日本大震災・記録ノート」をお配りしました。
このノートには,冒頭に,震災に関する相談窓口など役立つ関係機関の連絡先一覧が掲載されています。
さらに,原発事故による損害賠償請求にそなえ,損害を詳細に記録するための欄,日々の記録の欄が設けられています。
思いつくことを書き留めておくことで,実際に請求の手続を行う際の貴重な参考資料となります。
個別の相談では,ノートのどの部分にどのようなことを書けばよいか今ひとつよくわからないというお声もありました。
これは損害なのかわからない・・・と思うものは,ぜひノートのどこにでもよいので記録して,実際に請求する際,弁護士などの専門家にご相談ください。

2時間の相談会で,参加者の皆さまに少しでも有益な情報をお伝えできただろうかと,帰り道の車で話しました。


相談会の前後に多少時間があったので,南相馬の海岸を歩きました。
3月11日から毎日のように,ニュース・新聞で目にした海岸でしたが,
現実の光景は,画面を通して見る映像とは全く異なる圧倒的な説得力をもって迫ってきました。
土台だけを残した家々に花を手向ける方々の姿も見えました。
海は穏やかに凪いでいましたが,この海が数千の人々の命を飲み込んだ海かと思うと,ただその場に立ちつくすことしかできませんでした。

私は震災後,5か月経った今,初めて現地に足を運びました。
これまでなかなか機会を持てなかった中,5日に開催された弁護士会の震災相談研修の際,成蹊大学刑事模擬裁判チームでご一緒している先輩弁護士から,
「13日南相馬行かない?」とのお誘いをきっかけに今回の相談会チームに加えていただきました。
被災地に赴き,私が改めて痛感したことは,この震災そして原発事故からの復興には想像を絶する時間がかかり,
その時間をサポートしてくためには多くの人の力が必要だということです。
自分のペースで,少しずつでもできることをしていこう,そう思いました。

お誘い下さった先生,チームの先生方,そして相談会に足を運んでくださった仮設住宅のみなさん,本当にありがとうございました。



(南相馬の海岸にて)


投稿者:圭






法曹養成センター主催 実務演習講座(仙台会場)のご案内

みなさん,暑い夏休みいかがお過ごしでしょうか。

私の所属している東京弁護士会法曹養成センターでは,法科大学院出身のみなさんを対象に,
より充実した実務教育の実現,法科大学院から司法修習への橋渡しのため,
毎年,東京の協力法科大学院を会場に「実務演習講座」を開講しています。

今年度は,東京の3会場に加え,仙台弁護士会のご協力をいただけることになり,仙台会場でも開講することになりました。
新司法試験直前に,被災された受験生の皆さんに,失われてしまった勉強の時間を少しでも取り戻していただければと思っています。

詳細は,
東京弁護士会による実務演習講座のご案内(仙台会場) をご覧下さい。

講師陣は,法曹養成センターだけでなくその他の委員会の委員の先生方にも協力をお願いし,充実した顔ぶれとなっております。
私は,当日の会場設営と,講義後の懇談会に参加する予定です。

たくさんのみなさんのご参加をお待ちしております。


投稿者:圭


再度のご案内:無料講演会のお知らせ

7月5日のブログでもご紹介した,公園通り法律事務所主催の無料講演会,

−あなたにできる相続対策−

をあさって,7月31日(日),武蔵野商工会館5階,第1・第2会議室にて行います。

お気軽にお越し下さい。ご予約のない方も座席の余裕がある限り,ご参加いただけます。
公園通り法律事務所一同,お待ちしております。





「おどり」さんの一品たち

公園通りにお客様が見えたときなどによく利用する「おどり」さん。先週末も,公園通り3人とお客様の4人で行ってきました。
http://kichijoji-odori.com/index.html

 公園通りの東急デパートさんとみずほ銀行さんの間「大正通り」を直進。
 藤村女子学園のお向かいあたりにお店があります。
 看板の文字が貝殻やエビでかわいらしいです。
 見るからに魚介がおすすめといった感じですよね。
 
 店舗は階段を上がって2階です。
 いつも予約のお客さんでいっぱいなので,事前の予約がおすすめです。
 
常連さんという雰囲気の方が多いお店です。

 先週末も,テーブル席はいっぱいでした。
 カウンターも気軽に利用でき,奥にはふすまの閉まるテーブルのお座敷もあります。

 鹿児島出身のご主人が,かなりの種類の焼酎を揃えておられる他,日本酒も置かれています。
 日本酒の種類は多くなのですが,「本日のおすすめ」がセレクトされており,今のところ外れがありません。
 先週末のおすすめは,青森県産「作田」。
 フルーティーな香りが高く,甘口かなと思いきや,適度にきりりとしたやや辛口でした。






 魚介を中心とした豊富な品揃えで,いつも何を頼むか迷ってしまいます。
 季節のお野菜のメニューも充実しています。
 
 今回は「水なす」をいただきました。

 ごく軽く浅漬けにしているのかな?という雰囲気の水なすに,和辛子をつけていただきました。
 
 噛むとなすの水分がふわっと出てきて,口いっぱいに広がります。
 かなり辛みのきいた和辛子が溶けてピリッとした刺激が加わると,
 辛口の日本酒との相性がさらに上がります。
 
 みずみずしく,しっかりとした素材の味わいで,この季節にぴったりでした。

 その他にも,じゅんさい,手作りのごま豆腐など丁寧にお料理されたものが味わえます。









 メインはキンキの煮付け。
 柔らかい身に甘辛い味付けで,お肉びいきの私もおいしくいただけました。
 付け合わせのゴボウもしゃきしゃきで美味しかったです。
 
 お魚は常時何種類か用意されていて,煮物か焼き物かを選べる方式です。

 お造りもいつも新鮮で,何品か盛り合わせにしていただきます。今回は、ヒラメの活作りがとりわけ良いお味でした。


 締めはいつも焼きおにぎりです
 (子供の頃からよく母に焼いてもらっていたため,好物なので。)。
 こちらもシンプルで香ばしく,かなりお腹がいっぱいだったのですが,
 思わず注文してしまいました。










事務所開設後,まだ春と夏のお料理しか味わえていないので,引続き秋・冬が楽しみです。




投稿者:圭






 

四つ葉のクローバー

昨日の刑事模擬裁判最後の授業,無事終えることができました。
判決言い渡しの後,裁判長役の学生さんからの説諭は胸に響くものでした。
授業後に聞いたところ,裁判官チームは悩んだ末に書いた判決で,
悩みを残しながらもその結論に責任を持つ意味を込めた説諭だったようです。
これを聞いてなおさら感動してしまいました。

学生の皆さんから,授業の最後に1人ずつ感想をもらったのですが,
それぞれがこの間どれだけ熱心に模擬裁判に取り組んできたのかが伝わってくる感想ばかりでした。
講師チームは,すべての場面で「条文を丁寧に引くように」「条文に対する意識を強く持つように」という指導をしていたのですが,
「条文に対する意識が変わった」という感想を言っていた学生さんもいて,伝わったものがあることをとても嬉しく思いました。

先輩講師のお一人が,ご自宅の庭で見つけた四つ葉のクローバーの写真を小さく切り抜き,
1つ1つ手で折った和紙の袋に入れたお守りを,学生さんプレゼントしていました。
きっと新司法試験当日には,学生のみなさんの鞄に入っていることでしょう。
(素敵なお守りだったので絶賛したところ「じゃあ酒井先生にもあげるよ」と言われ,ずうずうしく1ついただいてしまいました。笑。)

刑事模擬裁判の指導期間,ベテランの先生方の指導ぶりを間近に見ることができ,私自身にとっても貴重な経験となりました。
ご指導にあたられた講師の先生方,熱心に取り組んでおられた学生のみなさんに,心から感謝しています。

授業終了後の打上げに,手作りの燻製と梅酒持参の先生がおられたのですが,これがとても美味しかったのです。
我が家でも,かなり甘さ控えめの梅酒を漬けるのですが,さらに控えめ。
しかも焼酎・泡盛・ブランデー漬けの3種類が用意されており,どれもさっぱりとオツなお味でした。
思わず翌日メールで美味しく作る「コツ」を聞いてしまいました。
つけ込むお酒へのこだわりが違うようです。

民事模擬裁判・刑事模擬裁判を合わせての打ち上げは大変な盛り上がりでした。
熱い法律談義を交わしている講師と学生さんもいれば,ひたすら飲み・食べ・楽しくしゃべっている若手講師周辺チームも。
学生のみなさんに,試験前のいい息抜きになっていたらよいのですが。

・・・ちなみに私に下された判決は内緒です(笑)



投稿者:圭







判決の日

今日は,いよいよ成蹊大学ロースクール刑事模擬裁判,最後の授業です。
4月から務めてきた被告人役も,今日で終わりかと思うとなんだか寂しいです。

今年初の試みだった,模擬公判前整理手続では,学生のみなさんに,
証明予定事実記載書面・証拠開示請求書・予定主張記載書面など,一通りの書面を作成してもらいました。
期日間にかなりの作業が必要となる中,みなさん本当に頑張っていました。
特に成蹊ロースクールは,社会人として勤務しながら夜間コースに通う学生さんも多く,
自分の仕事をこなしながらこれだけの作業をしていたのかと思うと,感心します。

前回の授業の終わりに,弁護人役の学生さんから「もし執行猶予がつかず,実刑判決になってしまったら控訴を考えますか?」と尋ねられました。
もちろん授業は第一審で終わりですが,模擬裁判でも,実際の刑事裁判にあたる弁護人と同じようにその先を考えている姿が,頼もしく思えました。

法科大学院の現状に対しては様々な議論がありますが,教育の現場では,
多くの教員が法律学の基礎そして法律実務の基礎を学生のみなさんに伝えられるよう日々指導にあたっています。
そして,学生のみなさんは,真摯にカリキュラムに取り組んでいます。
成蹊大学ロースクールで模擬裁判指導チームの末席に加えていただき,また一橋大学ロースクールで後輩のゼミ指導にあたる中,
まず自分自身が,多くの経験を積み市民の皆さんに信頼してもらえる弁護士とならなければならないと,強く感じています。

今日はどんな判決が下されるのでしょうか・・・?とても楽しみです。
判決の後は,民事模擬裁判・刑事模擬裁判合同で,打上げがあるそうです。
台風が心配ではありますが,こちらも楽しみです!


投稿者:圭




Bar de 木や゛さん「鶏レバーとミョウガのアヒージョ」

今日は公園通り法律事務所開設以来,たびたび仕事で遅くなった夜においしい夕飯をいただいている「Bar de 木や゛」さんを紹介します。

 
 公園通りを中央線のガードをくぐってさらに南へ,「井の頭公園入り口」のバス停からもう少しのところにあるスペインバルです。

 吉祥寺はラストオーダーの早いお店が多く「食べて帰りたいけどもう間に合わない・・・。」という日もしばしば。
 “木や“さんは,深夜まで開いているので,助かっています。
 営業時間が遅いため周りの飲食店の閉店後に,同業のオーナーさんや従業員の方が来ることも多いとか。

 ベレー帽のよく似合うシェフの肉料理は,焼きすぎず,火の入り具合が私たちの好みで,
 魚介類も鮮度と味わいの良いものが選ばれています。
 
スペインワインが豊富に用意されていて,相談しながらお勧めのものをいただいています。
 スペインのワインは,エチケットがユニークな物が多いのか,カウンターにならんでいるボトルを眺めるのも楽しみです。
 ワインはグラスでも用意されているので,1人でも頼みやすくなっています。

 カウンターだけのこぢんまりしたお店で,女性だけでも気軽に足を運べるので,
 2人で行くこともあれば,1人で残業の日に,1人ご飯で使うことも。


 シェフも,お店の方もとても気さくなので,1人でも,お料理も会話も楽しめます!









 最近のお気に入り,鶏レバーとみょうがのアヒージョです。
 我が家では,みょうがの出番は麺類の薬味・お味噌汁・サラダなので,新しい出会いでした。
 アヒージョは,スペイン料理のタパスとして定番の,
 食材をたっぷりのオリーブオイルとニンニクで「煮る」という調理法のようです。
 オリーブオイルとレバーの濃厚な組み合わせに,みょうがのさっぱり感がプラスされて絶妙でした。
 
 















ちなみに私(圭)個人のツイッターの初めてのツイートは,木や゛さんから発信でした(笑)
吉祥寺でお気に入りの1軒です!


投稿者:幸・圭








予備試験アンケート PART2(論文式)

連休最終日のきのう,先日会場配布した司法試験予備試験短答式アンケート
http://kouendori.jugem.jp/?eid=10 に引続き,
論文式試験のアンケートを配布してきました。

東京会場は武蔵大学江古田キャンパス。法曹養成センター委員の有志11名で,アンケート700部を配布しました。
受取っていただいた受験生の皆さんありがとうございました。回答をお待ちしております。
アンケートは東京弁護士会HPからもダウンロードできます。
http://www.toben.or.jp/know/iinkai/housou/news/1.html
他会場の受験生のみなさんもご協力をお願いいたします。

択一アンケートにご協力いただいた皆さん,ありがとうございました。
現在法曹養成センターでは,集計・分析作業を進めております。引続きよろしくお願いいたします。



投稿者:圭




今日の折り込み広告

今朝の折り込み広告,無事みなさんのお手元に届いたでしょうか。

表面がこちら。弁護士の紹介です。

 

続いて裏面がこちらです。公園通り法律事務所でお受けしているご相談や,
相談においでいただくまでの手順などをご紹介しています。
昨日ブログでもお知らせした,講演会のご案内も。





デザインは東京ピストルさんにお願いしました。
「公園通り」のイメージで,柔らかい色調にしてもらっています。
私たちの事務所に,気軽に悩み事を相談していただきたいという想いを込めて作りました。