カンボジア

 ゴールデンウィークも後半。今日は事務所の整理整頓ため出勤しています。
 
 ゴールデンウィーク中,兄が,年末年始に家族で訪れたタイ・カンボジア旅行の写真を整理してくれました。
 初めて訪れた東南アジアは,予想を遥かに超える人々のエネルギーにあふれていました。
 とりわけカンボジアは,幸弁護士が,長期にわたり文化財保護を中心とする活動に
 携わってきた地であり,いつか訪れたいと思っていた場所でした。

 リサイズアゲイン

 写真は,アンコールトムの南大門から見た夕暮れです。
 
 この旅行では,アンコールワット,バイヨンなどの遺跡だけでなく,
 キリングフィールド,トゥールスレーンにも足を運びました。
 戦跡に刻まれている内戦の記憶を目の当たりにし,
 内戦の終結からわずか20年ほどしかたたないカンボジアの町には,
 未だ深い傷を抱えた人々がいるのだということが,重く迫ってきました。

 カンボジアの街が現在の姿に再生するまでに費やされた人々の力に,ただ圧倒され,
 私にとって,再び旅したいと思わずにはいられない場所となりました。




 投稿者:圭