共有名義の不動産を何とかしたい(共有物分割)

遺産分割をするときに、不動産を、相続人何人かの共有名義にすることがあります。
その時点では共有にする必要があっても、時間が経つと、「それぞれに分けて、自分だけのものとして使いたい。」「売ってお金にかえたい。」などと、共有者それぞれの立場によって、事情がかわってきます。 

共有者が、親子や兄弟姉妹であっても、利害が異なると、なかなか一致した解決策にたどり着くのは難しいものです。 

こんな時に使えるのが、「共有物分割」の手続。 
人数分に分筆してそれぞれ固有の所有権にする、誰かが誰かの持分を買い取る、全員一緒に売却して代金を分けるなど、解決の方法はありますが、感情的にもつれると、話合いがうまくいかず、にっちもさっちもいかなくなります。 
裁判所に、この共有物分割の訴訟を出すと、まず話合いでの解決を試み、どうしても無理ならば、裁判所が、最もふさわしい解決策を「判決」で出してくれます。
後ろに判決が控えているという事になれば、話合いも真剣になり、のぞましい解決ができる場合もあります。 

近頃、この手続を使って、共有問題を解消するケースが増えています。 共有者間の話合いが暗礁に乗り上げたら、諦めないで、ご相談下さい。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL