司法は身近になったのか?司法改革10年

2001年6月に,政府の司法制度改革審議会意見書が出され,10年経ちました。
この「市民に身近な司法を目指す」意見書に基づき、約3年をかけて様々な改革が立法化され,
裁判員制度がスタートするなど,日本の司法制度は大きく変わっています。
(幸弁護士は、この立法作業の時期、日弁連事務次長としてその一端に関わりました。)

25日(日),BSイレブンにて「司法は身近になったのか?司法改革10年」
と題する番組が放映されます。
司法改革に中心的に携わり、改革をリードしてこられたそうそうたる出演陣による議論は,
現状と到達点の確認,さらなる課題の検討のために,一見の価値ありかと思います。

ご同業者だけでなく,多くの方々にご覧いただければと思い,ご紹介いたします。

放映日:3月25日(20:00−22:00)
放送局:BSイレブン(衛星放送BS 2 11チャンネル)
テーマ: 「司法は身近になったのか?司法改革10年」
主な内容:
  々駝韻隆待に応える司法制度の構築(制度的基盤の整備)
     司法支援センター(法テラス)の現状ほか
  ∋碧\度を支える法曹の在り方(人的基盤の拡充)
     法曹人口の増員、法科大学院の現状と課題 ほか
  9駝嬰基盤の確立(国民の司法参加)
          裁判員制度の導入など

****************************
出演者(敬称略)
 元司法制度改革審議会会長・京都大学名誉教 佐藤 幸治
 元検事総長  但木敬一
 元日本弁護士連合会会長   本林 徹
 元日本経済新聞論説委員・弁護士  藤川 忠宏
 元司法制度改革審議会事務局・
 前日本弁護士連合会事務総長  丸島 俊介
 元司法制度改革推進本部事務局次長
 静岡大学法科大学院教授  古口 章
 東京経済大学現代法学部長(司会) 大出 良知
****************************


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL