法学セミナー8月号特集「みんなの法律入門」

今月12日に発売された「法学セミナー」8月号に,「みんなの法律入門」と題して,法学入門企画を執筆させていただきました。

法学部生だけでなく,他学部の学生さんで法律に触れてみたい方,忙しい中で法律のエッセンス部分をつかみたいという社会人の方にも向けて,ハードルの低い入門企画を目指しました。

 

 

企画取りまとめと,導入・中盤・結びの「対話」部分の執筆を担当させていただきました。

法律の勉強になかなか面白さを感じられない法学部生の聡太君,法律なんて自分には無関係だと思っているゆるキャラ社会人の渡辺さん,この二人に法律の入り口をレクチャーする中村弁護士の3人の会話を通し,法律の入り口の更に入り口部分をご紹介することを目指して執筆しました。

 

 

さらに本編では,難しく固いイメージの強い法律の世界を身近なものとして感じられるよう,各執筆者が,家庭や職場での「会話」形式を中心に事例を紹介しています。「人の一生と法律問題」・「働く人の法律問題」・「お金にまつわる法律問題」・「刑事手続きにかかわる法律問題」・「IT・情報と法律問題」という,日常生活や社会生活で直面する事例を取り上げ,どのような法律上のルールが定られているのか,どのような法律が解決に役立つのか解説しました。さらに,目線を変えて,法律の成り立ちや目的の掴んでもらえるよう,3つの法律の第一条に着目して解説をするページも設けました([対話]「法律」のハードルを下げよう本文より抜粋。)。

 

信頼するロースクールの先輩,同期,後輩と事務所の元兄弁との共同,ロースクール恩師にも助言をいただいての企画で,どのような工夫をすれば読者の方にわかりやすく伝わるか議論する過程も,大変楽しく充実したものでした。

 

「法律」に取っ付きにくさを感じておられる方,法律なんて自分には関係ないと思っている方にこそ、読んでいただきたい企画です。

 

投稿者:弁護士 酒井 圭

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

 

トラックバック
この記事のトラックバックURL