弁護士の「敷居の高さ」について考えてみました−前編−

「弁護士は敷居が高い」(=相談しにくい)ということが,しばしば言われ,実際に,ご相談者から,なかなか法律事務所に問い合わせることができなかった,相談しにくかった,という声が聞こえてくることもあります。
この「敷居の高さ」は,どこに原因があるのか,相談者の皆さまが足を運びやすい事務所にし,スムースに法的トラブルを解決して頂くにはどうすればよいのか,ご相談者の声を踏まえて,考えてみました。


1  弁護士報酬は「高い」というイメージ−最低でも100万円?!−

一般に,弁護士の報酬は高額であるというイメージが根強いように感じます。が,実際にかかる費用よりも,相当高額の報酬を請求されるのではないか,というイメージを持っておられる方が多いように思います。法律相談が終わり,事件をお受けするという流れになった際,ご相談者の口からしばしば出てくるのが,「最初に100万円くらいかかりますか・・・?」というご質問です。弁護士に頼むなら,なんとなく100万円くらいかかるんだろうな,と思っておられる方が多いからこそのご質問だと思うのですが,たとえば,個人の方からのご依頼が多い離婚事件の着手金は事案によって30万円から50万円程度(消費税別)です。また,企業・個人双方からご依頼のある債権回収の案件で,着手金が100万円を超えるのは,相手方に対して1800万円以上の請求をする場合です(詳しくは,当事務所ウェブサイトの「弁護士報酬」のページをご覧下さい。)。

このように,「最低100万円神話」は,「実話」とは開きがありそうです。が,それでも結局いくらかかるのかわからない,相談に行ったが最後,高い報酬を請求されるのではないかというご不安があるのではないかと思います(そんな押し売りのようなことは,もちろんしませんが。)
当事務所では,相談をお受けした上で,事件の依頼を検討されたいというご依頼者には,相談を踏まえ,〇件の解決方針,着手金のご提案,J鷭袈發慮通しを記載した,A4で1枚から2枚程度の見積書をお出ししています。既に当事務所への依頼を決めておられるご依頼者とはすぐに委任契約を締結いたしますが,やはり即決はできないという方も多いので,このような対応にしています。見積書には明確に金額を書きますので,納得した上で,依頼をしていただけるのではないかと思います。

また,報酬ですが,当事務所の報酬基準(現在は自由化されていますが,当事務所は旧来の弁護士会の報酬基準を使用しており,同様の事務所が多いと思います。)に基づく成功報酬は,事件が終了した段階で経済的利益があった場合(たとえば,300万円の支払いを受けられた場合は,300万円が経済的利益となり,1000万円請求されていた事件で,支払いを300万円に押さえられた場合は,減額分の700万円が経済的利益になります。),その金額の何%という形でいただくことになるので,得られた利益を上回る請求をすることはありません。支払いを受ける側の事件の場合,基本的に報酬金が持ち出しになることはない,ということです。

数年前の人気ドラマ「リーガル・ハイ」では,主人公の古美門研介弁護士が,800万円の慰謝料請求事件の報酬として,1000万円を請求していたような記憶がありますが,この基準に基づけば,通常起こりえない請求ということになりますね(笑)。

なお,報酬基準に基づいてご提案した弁護士報酬が高いと感じられるかどうか,という点については,報酬に見合った(またはそれ以上の)ご満足をいただける仕事を私たちがするかどうかの問題と考えています。

※なお,ご依頼内容によっては,時間制(タイムチャージ)で報酬を請求させて頂くこともありますが,その場合にも,時間単位の金額,清算方法等はお見積もり段階でご説明します。



2 相談料がいくらかかるかわからないから,そもそも相談に行きにくい

1では,事件をご依頼頂く場合の,着手金・報酬等について考えてみましたが,そもそも法律相談にかかる費用がわからないので,相談に二の足を踏んでしまう,ということもあるのではないか,と想像します。

当事務所では,法律相談料は5000円(消費税別)/30分ということで,ご案内していますが,1時間かかれば1万円だし,3時間かかるなら3万円と,確かに実際にかかる金額がわかりにくいなと思いました。お電話で相談の問い合わせを頂く際には,初回のご相談で1時間程度はみていただきたい,とご説明しています。込み入った案件では1時間半から2時間かかることもありますが,問い合わせの際に,ご相談の概要を伺い,相談時間の見通しをお伝えするようにしています。

また,ご相談時に事件として(訴訟・調停・代理人としての交渉・文書作成等)お受けすることが決まった場合は,相談料はいただいておりません。

以上のとおり,とりあえず,初回の法律相談料は,1万円と消費税,と理解して頂けるとよいのではないかと思います。

後編では,「3 どんな人が出てくるのかわからず不安・弁護士が身近に感じられない」「4 裁判しか頼めないという誤解」というテーマについて,考えたみたいと思います。

投稿者:圭


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村


 
トラックバック
この記事のトラックバックURL