成蹊大学ロースクール模擬裁判,今年も無事終わりました。

指導チームに参加し始めて3年目になる,地元成蹊大学ロースクールの模擬裁判,今年は民事模擬裁判の講師として指導にあたらせていただきました。
昨年までの刑事模擬裁判とは,記録の準備から進行まで勝手が違うところもあり,また新しい気持ちで取り組んできました。
きのう,無事全カリキュラムが終了し,判決が言い渡され,ほっと一息ついたところです。

成蹊ロースクールは,社会人向けの夜間コースがあるため,模擬裁判の授業も,夜間に選択科目として開講しています。
4月から,隔週の水曜日,18:30から21:40まで,2コマ連続講義です。
毎年,学部卒の受講生だけでなく,様々な仕事をしながら勉強している社会人の方々と一緒に取り組むことができるため,自分にとってもとてもよい刺激になっています。
今年は原告本人役を務め,主に原告チームの受講生の指導にあたりました。
原告チームの受講生お二人とも社会人で,日々の仕事をこなしながら頑張っておられました。

授業では,当事者からの事情の聴取りから始まり,準備書面の起案,模擬証人尋問,和解,判決とひとおり訴訟実務で経験するプロセスを,実践します。
講師陣も,せっかくの模擬裁判なので,思いついたことは何でも試して欲しいというスタンスで,比較的受講生の自由に任せて進行するため,受講生は試行錯誤を重ねることになり,これがよい勉強になります。
本人役として聴取される側も,思わぬ質問がされることもしばしばなので,入念にキャラ作りをして臨みました。
これがなかなか楽しく,いろいろと設定を考えていくうちに,原告の気持ちになっていました(笑)

今年は,被告2名の事件だったのですが1名には勝訴,1名には敗訴という結果でしたが,それぞれのチームがよく準備し,水準の高い模擬裁判になったかと思います。

昨夜は,例年通り民事・刑事合同の打ち上げがあり,受講生・講師・卒業生も交えて,盛り上がり,楽しい時間を過ごしてきました。
模擬裁判の授業が終わると,いよいよ今年も後半戦だなという気持ちになります。
また,来年に向けて,日々の業務に鋭意取り組み,来年の受講生さん達に還元できるものを増やしていきたいと思います。

投稿者:圭





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL